あれは、茅葺(かやぶき)と申します。

こんにちは。
また台風が発生したようですね。
天気情報には、お互いに気をつけましょう。

弊社の駐車場から歩いて一分の所にある民族資料館。
その中に茅葺(かやぶき)屋根の建物があります。

道路を挟んで、弊社に背を向けた格好で建っています。

9月末(快晴)。
日動画廊の吉野さんとチリのアーティスト
そしてチリ大使館員と通訳の方々が来社されました。
弊社内での作業も終わりお帰りになろうとしたその時、
「あの建物は・・・? 」とアーティスト屋根を見つめています。

「茅で作った屋根です」
「茅で屋根?・・・信じられない」

そこで許される時間内でご案内することになりました。

三芳町立歴史民俗資料館
三芳町立歴史民俗資料館


100年以上も昔の農家です。
今では地方でもまれにしか見る事ができません。
庭には井戸もあり、中に入りますと囲炉裏やかまど。
土間には当時の珍しい農具も揃っています。
その他の質問にもその都度ご説明いたしました。

寒い冬でも室内は暖かく、
暑い夏は逆に涼しく過ごせるようになっています。

紙を使っている障子や「ふすま」にも興味津々。
時間を延長して一時間ほど熱心に見学されました。
文化交流のお役に立てたような気がしています。(コッホン・・・)

弊社の山元がご案内。
その後、皆様は銀座の展示会場へと移動されました。

日動画廊  
茅葺屋根には、日本の文化が、凝縮されている。 
      
     額縁屋の㈱アート・コアマエダ