昭和会展 日動画廊

こんにちは。暖かくなりました。

お元気でしょうか。

さて、今年も第53回、伝統の昭和会展が始まりました。

昭和会展 日動画廊(本店)東京都中央区銀座5丁目3−16


1965年(昭和40年)にスタートして、53年になるそうです。歴代の入選作家、受賞作家の多くは、すでに洋画壇の美術界をけん引する立場で活躍しておられます。

「若手」の美術家の育成と激励を主旨に発展してきたこの会。世界に羽ばたく若い世代の皆さんが、これからも陸続と後に続くことになるでしょう。長谷川徳七社長さんのこの功績は、大きいです。

今年の昭和会賞は、佐藤みちるさんによる「ねむの木と船」(50S)でした。会場の左奥の正面あたりに展示されています。

会場には、その他の受賞作品や優秀な作品が一堂に並んでいます。

どれも個性的で迫力があり、是非とも多くの人に足をお運びいただきたいものです。 
  
  額装の㈱アート・コアマエダ(店主)