人海戦術とパネル額装(1)

こんにちは。

梅雨前線が、依然として不安定な位置にあります。小生はゲリラ豪雨の被害にあったこともあって、毎朝の予報の確認を怠らないようにしています。折角傘を用意しても雨が降らない、なんていうこともありますが、この季節だけは仕方がない・・・と諦めています。

皆様は、梅雨対策いかがですか。

常日頃から思っているのですが、お客様とお話しさせていただくことは、とても楽しみであり、貴重な時間であります。そして会話の中から、額装の傾向のヒントをいただくことがあります。それを弊社流のやりかたで、製品に落とし込みます。現実には上手くいかない事も多いのですが、日々奮闘努力を続けているところです。

最近の傾向として、フレームの幅が細くなっています。マット幅も狭くなり、額縁の装飾も減ったように思います。ますます「プレーン」な方向に向かっているのは、間違いなさそうです。加えてパネル使用の額装が、増えていますね。

そんなことをゴチャゴチャ斟酌しながら実験と試作。

今回ご紹介しますのは「パネル額装」の巨大な物です。デザイナー事務所からいただいた仕事ですが、他社にできない仕事と聞き、特に力を入れて頑張っているところです。

一辺が、9メートル、7メートル、5メートル、4メートルと大型スケールのパネル。

大きいので、パネルも作品も分割して製作。最後に展示される現場で、ジョイント。これは、プレゼン用の小型試作です。ボルトが見えますでしょうか。このように連結します。

パネル額装ジョイント用ボルト


大きいパネルの横には、ボルト用の横穴が開いています。見えにくいかもしれませんが・・・。ここへボルトが入ります。




弊社作業場の中で移動するにも大変です。パネルとはいえ大きいですから。

人海戦術


御覧の様な状態です(人海戦術)これが何十枚もあるのです。

それとパネルの額装で大切なのは、ベニヤから出るアク防止の処理ですね。美術館などでも常に問題になります。

次回、アク防止について書こうと思っています。

 人海戦術のパネルで奮闘中 額装の㈱アート・コアマエダ(店主)


季節の異変



こんにちは。朝から黒い雲が低く垂れこめていました。予報どおりの瞬間的ゲリラ豪雨。

皆様は、大丈夫だったでしょうか。

小生は、傘を車に置いたまま役所へ入り、車へ向かう駐車場の中ほどで直撃されてしまいました。日頃の行いには誰よりも自信があると思っていたのですが、ゲリラ豪雨には敵いません。

車まであと少しの所、間に合いませんでした。普通の人ですと、小走りで10秒くらいの距離なのでしょうが、小生は脚が悪いので、1分近く掛かります。慌ててつまずいての二次災害は回避したいところ。必要以上に慎重になりました。役所の出口まで戻ろうかと振り向いたのですが、ちょうど中間点だったのでそのまま・・・。

普通は本降りの前にパラパラの助走があるものですが、今回はいきなりメインの雨。

車内に、たまたま大きいタオルが一枚あったので助かりました。空を睨みながら、服にしみた雨をたたくようにして拭いました。

その後、遅れた昼食をとる為に所沢近くのうどんの専門店に入りました。「山田〇〇〇」というお店ですが、入り口に張り紙があります。

「天井のツバメの巣に注意してください」

(おっと)

ゆっくりとドアをオープン。確かに天井に巣があります。3~4羽の赤ちゃんらしき鳴き声。下を見れば糞の塊が点々と。それを確認した頃から、ようやく心が穏やかに落ち着きました。

ツバメは、水田の稲の害虫を食べてくれる益鳥。子供の頃には、もっと多くのツバメが飛び回っていました。特急列車に「ツバメ号」などと命名されていた頃もありました。そして鳥獣保護法ができる前から、この鳥だけは、大事にされていたように思います。軒先に巣ができるということはその家の繁栄の証であり、縁起が良いといわれて、酒屋さんとか、お米屋さんでは、特に歓迎されていました。

この説の流れからすると、このうどん屋さんも繁栄が約束されたことになります。店員さんとその話をしました。

・・・期待しているそうです。

正直な店員さん。

「弊社工場もあやかりたい!」しかし、今のところ飛来の兆候はなさそうです。来てほしいような、無理しなくても良いような・・・。

今年は梅雨前線が活発です。気をつけましょう。

   額装の㈱アート・コアマエダ(店主)

5月の昼休み

こんにちは。

久しぶりに雨が降りました。その後の空気はおいしく感じます。素晴らしい5月。

弊社別棟の2階は、スタッフの食堂になっています。男性陣は昼食後、近くに散歩に出かけたりキャッチボールをしたりしています。日陰で本を読んだり音楽を聴いている人もいます。バラバラですが、おしなべて静かに休息。

それに比べて、女性の皆さんは元気です。昼休みの終了までの自由を楽しい会話に興じている方がいます。時折とんでもなく大きい笑い声が響いています。大波小波のリズムまでついています。会話の内容はわかりませんが、嬌声にも似た笑いに迫力を感じる時があります。

今の小生には羨ましい。

自分は歳を重ねてしまいましたので、それなりに体力も落ちています。周りには「まだまだ!」と強気ぶっていますが、動作は省エネモード。ガハハ笑いは、疲れてしまいますので暫くやっていません。

日々遭遇する小さい笑いの種を宝石でも、拾うかの様に大事にしています。面白いことを探すより、何でも面白く思うように方向転換しました。ショボくてもかまいません。「クスリッ」っと笑えることが、一日に5回もあれば「ラッキー・デイ」。3回でも合格。今月はこの「ラッキー・デイ」が続いています。

日本晴れの昼休み、5月。ちと暑い。

お元気でお過ごしください。

             額装の㈱アート・コアマエダ(店主)