人海戦術のパネル額装 (4)

こんにちは。猛暑が続いていますが、お元気ですか?

いよいよ、パネル額装の最終回です。

人海戦術のパネル額装 (1)
人海戦術のパネル額装 (2)
人海戦術のパネル額装 (3)

「重量が増えるのに、何故わざわざ両面パネルにしたのか?」との質問を受けました。確かに片面パネルの方が、コストを抑えられますし、壁面負担も少ないです。しかし時間の経過によって、たまに反ってしまうことがありますので、両面パネルにしました。

まず、作品をパネルの表面と側面にノリ張りをします。ノロノロと時間を掛けていると、最初の部分が乾いてしまうので、素早く行います。巧みなチームプレーが必要です。



糊張り

糊張り

そして、側面の大切な部分は、必ずベテランの職人さんが慎重に行います。

側面糊貼り

張り終わったらしばらく乾燥させ、場所を取らないようにまとめていきます。間隔(10~15センチ程度)を取って仮止めし、空気を通して自然乾燥します。

糊張り乾燥

乾きましたら一枚づつエアーキャップに包み、大きい段ボールケースに入れます。その上に保護シートを巻いてコンテナに積み込み、現地に移動します。



そこで、再連結して展示。このブログを読んでいただく頃には、すべては完了している日程となっています。

連結した状態をここで公開できないのは、残念です。(そしてその時の弊社スタッフの「ドヤ顔」をお見せできないのも心残りです。)

御覧の様な経師(表具)技術は、古くからありました。日本画では今も基本とされていますが、現代アートの額装にも応用ができそうです。これからも表具と額装のコラボを紹介させていただこうかなと、考えています。 

いつも地味な額装体験を読んでいただきありがとうございす。

    額装の職人集団 ㈱アート・コアマエダ(店主)

人海戦術のパネル額装(3)

こんにちは。高温多湿の日本列島。熱帯夜が続いていますが、お元気ですか。

早速ですが前回に続けます。

いよいよ分解したパネルに和紙をノリ張りです。表と裏と側面の全体に行います。パネルのアクを封じ込める工程です。これを「捨て貼り」とも言います。

そして、この上に二枚の「袋張り」をします。「袋張り」とは、端以外はノリを付けないで水張りすることです。剥せば、袋の様になっているところからこの名がついたそうです。パネルの側面から表面にかけてぐるりと、まわし張りをします。

つまりは、作品とパネルの間に合計3枚の和紙が入ることになります。まずはここまでを行います。

袋張り

袋張り

さすが、プロ集団。経師屋さんの動きは、無駄がなく美しいです。リズミカルにして、スピード感が心地よい。まさに仕事の速さは、リズムで決まる・・・って本当ですね。

「学ぶところ大なり」

連結パネル

ここは弊社の作業場です。写真のパネルは、いずれも裏側が上になっています。

すべて張り終えた後に自然乾燥させます。もう一度連結して寸法などに狂いがないかを確認しました。若干の微調整を施し、また単体パネルに分解します。

ここで余談を少々。

過去にもご紹介しましたが、作品の保存のためには、その周辺の紙は中性であることが求められます。額装に携わる私達も皆その様に考えて気を付けているのですが、そこには少し説明が必要です。【国際標準化機構】によると、最初の段階では弱アルカリ性であることと定めています。

ベニヤや周りの環境の影響で、時間の経過とともに徐々に酸性化することを折り込む必要があります。「ラーソン・ジュール・ニッポン㈱発行の創立記念号」の中でも同様のコメントを確認することができました。今回の袋張り紙は、初期設定をPH6~8程度の弱アルカリ性にしてあります。

次回は、最終回として、この上に作品を張るところをご紹介します。

できるだけ写真を多くしますので是非読んで下さいネ。

  額装の㈱アート・コアマエダ(店主)

人海戦術のパネル額装(2)

こんにちは、先週、若手歌舞伎役者の奥様が亡くなられました。闘病生活をブログで海外へも発信していたそうですね。多くの闘病中の人達に勇気を与えたという・・。社会全体が家族の「愛」とか「絆」を再考する良い機会になったと思います。ご主人の市川海老蔵氏の記者会見も立派でした。

謹んでご冥福をお祈り致します。

前回に続き、パネル額装の話です。ここにきて、大問題が発生。想定外の事態に陥り、スタッフ一同、青ざめることに。

単体のパネルとしては正確に出来上がったものと認識していましたが、連結させると、あちらこちらに誤差が現れてきました。外側の直線ラインもわずかに狂いが出ています。

「どうしたことだ、これは」

単体の「パネル」ですと、すべての寸法は許容範囲なのですが、4枚6枚とジョイントが進むと徐々に誤差が膨らんできます。ジョイントネジを緩めたり、締めなおしたりするだけでは調節しきれないのです。

「さて、どこからどうする」

穴の位置も微妙に変更しなければいけません。カンナでの削りも加えました。ここからは、持久戦です。日程から逆算すると、もう時間に余裕がありません。作品を張ってからでは手遅れです。その前に修正しておくことが「絶対条件」です。



ここでスタッフ全員がプロ意識を発揮。プライドをかけて、全パネルの歪みを修正。深夜に至りましたが、ほぼ完璧に終了させることができました。



一見、舞台の大道具を造作しているようにみえますね。写真は、最後の仕事で、弊社の夜の駐車場です。スタッフの皆さん、遅くまで本当にご苦労様でした。

そこで、次のテーマに移ります。パネルのベニヤ部分から出るアクを封じ込める件です。

これは何種類かの処方があります。まず、パネルにニスを塗る方法です。乾くと固まって膜になり「アク」を封じ込めます。しかし、この方法は、完全とはいえません。稀にニス自体が反応して、作品にシミを誘発させることがあるのです。

次に胡粉と膠の混合液(石膏)で塗り固める方法があります。過去に何度も、パーフェクトな結果を出していますので、今回はこれを中心に検討しました。全体に塗った後、乾燥させてからペーパーで磨きます。滑らかにして厚みを均等にすれば完成。その上に作品を張ります。すべて手作業になりますが、完璧です。

しかし、これにも欠点があります。石膏ですから、薄くても重量が増すのです。今回の様な大型パネルには適合しないと判断、不採用としました。

今回はパネルに和紙を張り込んでアクを封じ込める方法を採用しました。

これには、和のりを使いこなせる、腕の良い経師屋さんの協力が必要です。大型パネルで、総枚数も多い。スピードも要求されます。専門の経師職人さん達に作業をお願いすることにしましたが、またこれも人海戦術。

次回は、ここからの作業の工程を書かせていただきます。

仕事も人生も何が起きても真っ向勝負!   

  額装屋の㈱アート・コアマエダ(店主)