花火の華の風

日差しが強く、眩しさを感じるこの頃です。眼を細めて「こんにちは」。

お元気ですか。

先週は、恒例の花火大会に行ってきました。新潟県南魚沼市です。

打ち上げは、夕方7時半から9時まで。その前に温泉に入って、食事を済ませてから会場に入りました。少しほろ酔い気分での鑑賞。

会場は、山と山との谷あいで、特殊な地形。それだけに音響効果がすごいのです。

晴天の夕方。空気は乾燥しています。風の流れもほどほどで、近年にない最高の条件。火薬のニオイも籠らない。打ち上げる前に、その都度スポンサー名がマイクで放送されます。市民の有志の方々や、地元企業スポンサーが、資金を出し合って花火大会を盛り上げている。その気持ちが伝わってきます。

「真剣に見なきゃ!」

昨今の花火は非常にカラフル。形も多彩。ハート形や複雑な幾何学模様もありました。幅100メートルの「ナイアガラの滝」仕掛け花火も素晴らしい。

「ひゅーん」から始まって、「ドン」「パリパリパリーン」と乾いた音。「ドッカン」と一発、腹に響くような重低音が時々混ざります。そこへ、スターマイン(速射連発花火)の盛り上がり。

光に少し遅れて、顔面に大音響が直撃。受ける風圧は、かなりのものです。「きたぞ、きたきた」と口角も上がり、気分は最高。なんだかんだと血が騒いだ花火でした。


足が悪いのでご配慮をいただき、堤防の最前列椅子席で鑑賞させていただきました。幸運の特別席です。招待していただいた野澤さん(アールビバン㈱の創業者)に大感謝しつつ、翌朝帰路に着きました。

聞いたところによれば、一発で何万、何十万円もする花火だそうで・・・。

実に贅沢な「夕べ」でした。楽しませていただいてばかりでは、罰が当たります。

さあ、来週から仕事も本気で頑張るぞ、と・・・。
             
   額装の㈱アート・コアマエダ(店主)

人海戦術のパネル額装 (4)

こんにちは。猛暑が続いていますが、お元気ですか?

いよいよ、パネル額装の最終回です。

人海戦術のパネル額装 (1)
人海戦術のパネル額装 (2)
人海戦術のパネル額装 (3)

「重量が増えるのに、何故わざわざ両面パネルにしたのか?」との質問を受けました。確かに片面パネルの方が、コストを抑えられますし、壁面負担も少ないです。しかし時間の経過によって、たまに反ってしまうことがありますので、両面パネルにしました。

まず、作品をパネルの表面と側面にノリ張りをします。ノロノロと時間を掛けていると、最初の部分が乾いてしまうので、素早く行います。巧みなチームプレーが必要です。



糊張り

糊張り

そして、側面の大切な部分は、必ずベテランの職人さんが慎重に行います。

側面糊貼り

張り終わったらしばらく乾燥させ、場所を取らないようにまとめていきます。間隔(10~15センチ程度)を取って仮止めし、空気を通して自然乾燥します。

糊張り乾燥

乾きましたら一枚づつエアーキャップに包み、大きい段ボールケースに入れます。その上に保護シートを巻いてコンテナに積み込み、現地に移動します。



そこで、再連結して展示。このブログを読んでいただく頃には、すべては完了している日程となっています。

連結した状態をここで公開できないのは、残念です。(そしてその時の弊社スタッフの「ドヤ顔」をお見せできないのも心残りです。)

御覧の様な経師(表具)技術は、古くからありました。日本画では今も基本とされていますが、現代アートの額装にも応用ができそうです。これからも表具と額装のコラボを紹介させていただこうかなと、考えています。 

いつも地味な額装体験を読んでいただきありがとうございす。

    額装の職人集団 ㈱アート・コアマエダ(店主)

人海戦術のパネル額装(3)

こんにちは。高温多湿の日本列島。熱帯夜が続いていますが、お元気ですか。

早速ですが前回に続けます。

いよいよ分解したパネルに和紙をノリ張りです。表と裏と側面の全体に行います。パネルのアクを封じ込める工程です。これを「捨て貼り」とも言います。

そして、この上に二枚の「袋張り」をします。「袋張り」とは、端以外はノリを付けないで水張りすることです。剥せば、袋の様になっているところからこの名がついたそうです。パネルの側面から表面にかけてぐるりと、まわし張りをします。

つまりは、作品とパネルの間に合計3枚の和紙が入ることになります。まずはここまでを行います。

袋張り

袋張り

さすが、プロ集団。経師屋さんの動きは、無駄がなく美しいです。リズミカルにして、スピード感が心地よい。まさに仕事の速さは、リズムで決まる・・・って本当ですね。

「学ぶところ大なり」

連結パネル

ここは弊社の作業場です。写真のパネルは、いずれも裏側が上になっています。

すべて張り終えた後に自然乾燥させます。もう一度連結して寸法などに狂いがないかを確認しました。若干の微調整を施し、また単体パネルに分解します。

ここで余談を少々。

過去にもご紹介しましたが、作品の保存のためには、その周辺の紙は中性であることが求められます。額装に携わる私達も皆その様に考えて気を付けているのですが、そこには少し説明が必要です。【国際標準化機構】によると、最初の段階では弱アルカリ性であることと定めています。

ベニヤや周りの環境の影響で、時間の経過とともに徐々に酸性化することを折り込む必要があります。「ラーソン・ジュール・ニッポン㈱発行の創立記念号」の中でも同様のコメントを確認することができました。今回の袋張り紙は、初期設定をPH6~8程度の弱アルカリ性にしてあります。

次回は、最終回として、この上に作品を張るところをご紹介します。

できるだけ写真を多くしますので是非読んで下さいネ。

  額装の㈱アート・コアマエダ(店主)