京都は「怨霊の都」

こんにちは。
暑い日が続いています。
お元気ですか。

京都は「怨霊の都」と言われています。

調べれば調べるほどその根は深く、現代の政治の裏側にも影響を及ぼしていて、つくづく「恐ろしい」と思わざるを得ません。これまで学校で学んできた歴史の常識が、いかに歪められねつ造されてきたかを思い知る日々でした。

歴史学という面でみると日本の古代史学会の主流は、「藤原系」ともいわれる人々により握られており、ここでいくら主張しても認められないだろうと(私の勝手な解釈ですが)判断しております。さすれば、主張できるのは、小説の世界であろうと・・・

そう思って書き上げたのがこの作品です。


以上は、友人からの案内状の一部です。説明が後になってすみません。

与毛星和・著「冥官 小野篁」

案内状とともに一冊のハードカバー本が添えられておりました。平安時代の京都のある事件から物語が動いていきます。ページをめくったら、もう始まっています。

(序章)
真昼とは思えぬ深い闇だった。
黒く厚い雲が地上を覆い尽くし、陽光を遮って草や土の色さえ判別できない。
重苦しい「気」は、低く迫り、生き物を責め、追い立てているかのようだった。

歴史ミステリー小説。
与毛星和・著 「冥官 小野篁」
出版 ㈱文芸社 (1,600円+税)


「みょうかん、おののたかむら」「よもう せいわ」日ごろ使うことのない漢字の名前が出てきますが、そこだけは少し我慢が必要かと思います。

著者名は、ペンネームです。

京都大学を卒業後、外資系の企業やベンチャー企業などを経て帰郷後、御母上の介護の傍ら執筆を始めました。小生は彼のサラリーマン時代からお付き合いをさせていただいています。友人贔屓になりますが、宣伝をさせてください。

歴史に興味のない方にもお勧めしたい一冊。

この本では、地獄とこの世を時折移動します。内田康夫ミステリー文学賞。受賞作家だけあって、実に洗練された文章で、ぐいぐいと引き込まれていきました。文字が少し大きいので、読みやすいと思います。

読了後も、しばし、怨霊の平安時代の住民に・・・。

話は、変わります。

弊社倉庫のネズミのことですが、まだ居ます。糞が小さいので子供ではないかと思っています。ノロマな子供は、大人たちに置いていかれてしまったのでしょうか。

そうでないことを祈ります。

  今は、冷えた「ラムネ」が飲みたい!  額装の㈱アートコア・マエダ(店主)

魅力を断てば(2)

こんにちは。

暑くなったり、雨が降ったりで体調が狂いますね。しかし、梅雨時特有の「憂鬱感」を許してはなりません。できる限り明るく元気にいきましょう。

前回につづけて、掃除を徹底しています。

ネズミの餌になるようなもの。
それに準ずるもの。

何も置かないようにしています。

4日目の朝、早くも効果を確認できました。

糞の量が激減。
でもまだいます。

8日目の朝。まだ頑張って丁寧な掃除を続けてもらっています。ネズミの専門家ではありませんが、もはや彼らにとって住み心地の良い場所ではないはず。

そんな確信に近いものは、あります。

でもたぶん一匹か二匹は残っている模様。「これくらいなら共存共栄というところで妥協してもよいのかなあ~」と思うのですが、

「いえ、だめです!」
「徹底して退場させましょう!」

との強い意見が多数派。ネズミの家族にとって魅力のない場所へとするべく、掃除を徹底します。

12日目の朝。今日は雨、昨日は、気配がなかったのですが、また新しい糞が少量発見されました。あともう少しだと思ったのですが。

忍耐。

さて先日の朝日新聞、月尾嘉男さんの衝撃のコラムの2行が、印象に残ります。

  1. 戦後70年間で180以上の国が消滅。
  2. 21世紀は、魅力が国力となる時代。


実にこれです。ネズミですら魅力のない処からは去る。反対に魅力が増せば、国も企業も千客万来。これぞ繁栄のコツと。

涼しくなったらもう少し深く考えたいと思います。

水分補給はこまめにとりましょう!(暑い・・・) 
  
  額装の㈱アート・コアマエダ(店主)

魅力を断てば。

mouse

こんにちは。日差しの強い日が続いています。

お元気ですか。

弊社の別棟の倉庫二階に小さな動物が出没したようです。先週の水曜日の朝から大騒ぎなのです。昨日の夕方にいたっては、複数の彼らに遭遇したとの報告もありました。

ふ-む・・・。

夜の闇に紛れて、多数で大運動会が展開された形跡。材料の裏側には多数の「糞」が散らばっています。しかも新しいものを含めると結構な量なのです。

まず、暴れまわった場所を特定。手洗いをする場所から石鹸が食い散らかされています。(石鹸なんて誰の食料になるのでしょうか?)レモンの形をした固形石鹸が、ボロボロになって転がっています。水道水の水たまりにも動き回った跡があります。

幸い額縁の材料が囓られたという様子はありません。

(それは、何よりなのですが、はて・・・)

遭遇したという人物に聞いたところ、ネズミの「家族」だったという。(もちろん、彼が何を理由にそれを家族と断定したのか、小生にはわかりかねますが・・・)

ネズミの家族にとって、ここは心地が良い処に違いないのでしょう。夜は真っ暗で人の気配は皆無。天敵の猫さんもいない。材料の関係で湿度も調節されているから凌ぎやすいグランド。昼間は、きっとどこかの隅で体を休めているのでしょう。

そこで額縁職人、みんなで案を練りました。

  • 駆除の方法として猛毒を用いて殺戮する。
  • 大型のネズミ捕りを設置して捕獲する。
  • 猫を放って粛清し、後で猫を追放する。
  • 嫌いな電磁波や臭いで撃退する。

しかし、一度は粛清できても換気口あたりから、また別の一団が侵入することが考えられます。真面目に考えると我々の手には負えないという結論。

「彼を知り己を知れば百戦危うからず」とは、よく言ったものです。ネズミとは、いかなるものかをもっと深く知る必要がある。一般論として「洞察力に優れ、危険を察知する能力にも長けている」とあります。

敵は手強い。けども人間よりも単純なはず。居なくなってほしいけど殺したくない。抱きしめたいとは思わないけど、同じ生き物である。

ネズミにとって、ここは居心地の良い場所。だから楽しんでいるのであって、彼らにとって魅力のない場所に変われば自然と居なくなるのではないか。

「これだ!」

当面は、こまめに掃除をして、水を断ち、石鹸やごみ箱は完全に他へ移動する。この程度なら、さほど難しいことではないですね。皆の努力で「(ネズミのご家族にとっては)魅力のない場所」にするのだ。

果たしてこれくらいの努力で、別の楽園を探してもらえるでしょうか。まだわかりませんが、経過を実験報告させていただきます。

これから本格的な暑さ到来です。こまめな水分補給で
のり切りましょう。

ネズミさんより先にくたばってなるものか。

  「よし!魅力を断つぞ」  額装の㈱アートコア・マエダ(店主)