その理由(わけ)が、わかった。

こんにちは。先週に続きます。古民家の屋根の修理進行が、のんびりしている理由。

直接、訊ねてみたところ、完成の予定が来年のことなので・・・とのこと。

「なぁんだ」です。

すみません。

正確には、来年の3月13日までの完成予定になっていました。工期は、余裕綽々か。

それまで、この建物の見学はできません。尚、この家屋の正面玄関と中庭は反対側にあります。そちらに廻ってみました。そしたら・・・オッ!

茅の搬入

なんとこちらは、準備がガッツリと始まっていました。オッオッ! 職人さんの汗が光る。裏面しか見ていなかったので迂闊な説明でした。

御覧の様な状況です。

担ぎ込まれる茅

一面だけを見て判断するのを「アサハカ」といいます。またやってしまった「アサハカ」。

小生の人生訓と致します。(笑い)

この建物は、旧池上家の住宅として19世紀中期に建てられたものです。それを買い受けて、ここへ移築。屋根の材料の「茅」は、「ススキ、スゲ、干カヤ」などの総称だそうです。引火しやすいので、注意しなければいけません。

燃えやすいものを安易に近くに置かない。必ず毎日かたずける。新しい茅も現場近くに保管しない。毎日必要な分だけを運搬する。そんな具合に気を使って作業は、進められているそうです。

またお知らせさせていただきます。

資料館の本館は、営業をしています。こちらは現代風な建物です。因みにこの資料館では、この地域の旧石器時代、縄文時代、弥生時代の生活の跡が展示されています。さらには、奈良、平安時代のこの台地の開拓期を辿れます。内容は、大充実です。
正式名は三芳町民族資料館

駐車場もありますので、是非ご来館いただきたいと思います。今、午後の始業のチャイムが鳴っています。

今回も拙い文章を読んでいただきありがとうございました。
 
なんだかんだで地元を愛している 額縁屋の㈱アート・コアマエダ(店主)

なかなか始まらない作業。

おはようございます。

地元の民族資料館の敷地内にある堂々とした建物。弊社の駐車場の前にあるこの地域のシンボリック家屋。茅葺屋根のことです。

屋根の下半分あたりに緑色の苔が、世界地図状態になって広がっています。近くで見るとその一部には、極めて小さい花が咲いているようにも見えます。

苔に蒸した茅葺屋根

写真でもかなり老朽化しているのがお判りいただけると思います。

足場が組まれ、目隠しが施されました。

足場と目隠し

ところがこの状態で、止まったのです。つまり作業が中止。一週間以上になります。しかも今日は、あいにくの雨。また延びそうです。

 工事は、いつまで待てば始まるのか?

 葺き替え作業は、見ることができるのか。

 技術を指揮されるのは、何歳ぐらいの方なんだろうか。

 それと実際に作業する人達は、どんな人たち?
 
材料の調達は、・・・

と、次々に関心は膨らんでいきます。また観察の報告させていただきます。

寒くなりました。風邪には、ご用心くださいね。

 額装の㈱アート・コアマエダ(店主)











裏側のアラカルト

おはようございます。みなさま秋を満喫しておられることと思います。今は一年間で最も過ごしやすい季節のひとつですね。

お元気ですか。

銀座日動画廊の長谷川社長の著書の中で知った言葉があります。「ヴェル二サージュ(vernissage)」フランス語だそうですが「ヴェル二」はニスのことで、ニスを塗ることによって作品の完成を意味するのだそうです。画家にとってニスを塗ってしまえばもう後戻りはできません。限りなく手を加えたい気持ちを抑えてここで終了する。決断と思い切りがないと作品は完成しないことになります。画家にとって「ヴェル二サージュ」は、完成の決断という重みのある言葉でもあるようです。

ここからは、額縁のことになりますが、額装工程の完成パフォーマンスは「裏」の造作です。

基本的な「裏側」の処理は概ね次の3種です。   

  1. 完全に閉じこんで密封してしまいます。
  2. 作品の出し入れを簡単にする為に「トンボ」で、閉じます。
  3. 日本画や書道に多用されている「サシコ」を組み込みます。(写真)

刺子
サシコ


この時、大切とされていること。カビと酸化の防止に配慮しなければなりません。額縁の劣化を抑制するためにも、水分を多く含んだノリなどは、できるだけ使わないようにします。中性で良質の粘着テープが各種ありまして、今はこれが主流とされています。作品の裏にサインなどがあれば、見えるように細工もします。

これ等の裏側の処理は、額装の匠として、各自が強い「こだわり」を持っています。

油絵作品の場合には、裏が丸出しの方法もあります。安価でおしゃれと評する方もおられますが、やはり無防備は危険ですね。

実りの秋は「さんま」「栗」「柿」「銀杏」「松茸」・・・。 

さて、今年の秋の裏側は、どれからアラカルト!  

  額装の㈱アート・コアマエダ(店主)