画商の魂

銀座地域には500軒ほどの画廊ギャラリーが密集しているといわれています。数寄屋橋のソニービルから新橋に向かって約50メートルほど移動すると左側に画廊があります。入り口に、堂々とした大きな石像がありますからすぐにわかります。1928年に銀座で初めて開設された老舗の日動画廊です。

画商の「眼」力 - 真贋をいかにして見抜くのか

さて、十年ほど前に出版された本の紹介をさせていただきます。著者は、この「日動画廊」社長の長谷川徳七氏。表題は画商の「眼」力 – 真贋をいかにして見抜くのか

前半の一部をご紹介します。

著者の父上、長谷川仁氏「創業者」について語られています。風呂敷画商からスタートし現在の画商業会の基礎を築かれた立志伝中の人物。当時の銀座には、画廊は日動画廊一軒のみだったそうです。そして、その父と一緒に子供の頃から画家のアトリエに通い、それを日課として過ごしてきた著者の思い出。また、現在の副社長でもある奥様との出会いのシーンなどが織り込まれています。画家 鴨井玲さんや、藤田嗣治さんとの濃厚な交流もリアルに綴られています。海外で、億単位の高額作品の買い付けする時の心の揺れなども面白く語られています。後半は、少し重い本題が待っています。

作品の真贋の鑑定についての著者の思想と想いです。

現代とは、あまりにも何が本物で何が真実なのかわからない時代です。マンションの耐震偽装、食品の産地偽装など、連日ニュースになっている不祥事を見るにつけても、社会全般に当てはまることかもしれませんが、残念ながら日本の洋画界もその傾向を免れません。

しかし、一つ救いがあると思うのは、だからこそ本物を求めている人も確実にいるということです。多くの作家との交流、様々な絵を扱うなかで、いつも感じてきたのは、「何が本当のことか?」です。本書を書きながら本当のこと本物の美とは何かをみなさんと今一度考えてみたいと思います。そして拙著を読み終えられたらぜひ、美術館などへ、絵を見に行っていただきたいと思います。

これまでとは、違う見方で、絵に接することができるはずですから。


そして最後のポイント部分において「世の中には鑑定人を自称する輩も増えましたが、その鑑定人の監査も行う必要がある、と考えています」と厳しい言葉で締められています。

業界の発展を願い、将来を憂う著者の熱い心が伝わってきました。

絵の真贋を見極める人達のまた真贋を問う。世界に誇れる信用力の高い業界に成長することが期待されます。

これぞ「画商の魂」と、是非ともご一読をお勧めします。

六月の緑の空気を深呼吸する 額装の㈱アート・コアマエダ(店主)

無償の愛の「ちから」

ここのところ急に暑くなりましたね。

お元気ですか。

36年ほど前からお世話になっている税務会計事務所があります。先代の先生がお亡くなりになった後は、ご子息が継承しておられます。つまり二代目の先生です。いつもにこやかでスマートに対応していただいています。

先週、決算の件で訪問しましたところ、小生の体調に合わせてクーラーの温度まで微調節していただきました。細やかな心使いのできるお人柄に何時ものことながら感謝しています。経理指導が終わるころ、先代の奥様がお茶を入れてくださり、少し雑談をされて退室されました。

その時「はっ」と驚いたことがあります。

久しぶりにお会いしたのですが、お顔の色、目の輝き、声量までもが、すこぶるお元気になられたように思いました。お茶をいただいた後、先生に感じたままをお伝えしたところ「そうなんです。母は本当に元気になりました。他の皆さんからも同様の感想をいただきます」とのこと。

「実は、昨年、私達夫婦に長男が誕生しました」
「えっ! 存じ上げずに失礼しました、本当におめでとうございます」

でもそれとこれとどのような関係が・・

先生曰く、

「母は、父が亡くなってから急に老け込んでしまい本当に心配していたのですが・・・。妻が私の仕事の助手をしてくれている間、母に「長男」を預かってもらうことにしました。息子も今では、母になついてお陰で私たちも助かっています。その頃から、母が急に元気を取り戻し・・・」

ということでした。

好循環が、始まったのですね。

私たちは人に頼られたり、愛しむ対象が明確に出現した時、それだけで元気溌剌となります。ましてや稚児の無邪気な様子に接していますと、絶大な若返り効果が出てきます。

本当に肌の色や髪の毛までも艶々になって・・・すごいチカラだ。

おいしいお茶で喉を潤した後、ご挨拶。これを汐に帰路につきました。

また明日から素晴らしい無償の愛を探して、人生の旅を続ける 

  額装の㈱アート・コアマエダ(店主)

「職人」そのこころ

雨と晴れが交互に過ぎていきました。

こんにちは。

図書館で見つけた本。少し古い本ですが、この著者はすごいと思いました。

職人
小関智弘著 「職人学」


著者紹介と推薦文にこう書かれています。

人類が石を割ってさまざまな道具として以来、人は技能の限界を超えて自らの手でそれを破り、自分の技を改革してきた。氏は、小さな工場の旋盤工としてその眼の高さで、世の中を見据えて書くことを続けてきた。

賞を取り、先生とか、作家とか呼ばれても俺は旋盤工だと自らを戒めてきた。卑下してきた訳ではない。むしろ旋盤を使って物造りをする「たくみ」であることを常に誇りに感じながら働き書いてきた。


以下本文からの抜粋です。

技能とは、言葉を持たない技術である。

言葉を持っていない分だけ、底知れぬほど奥深いのが、技能だということを人はもっと気づくべきであろう。

「もの」は雄弁である。いい仕事をしていれば、きっと誰かが、見てくれる。人が見ていなくても神様は、きっと見てくれている。いい仕事はするが、生き方としては、むしろ不器用にしか過ごせない無神論者の私が、つい神様をかついでそんなことを言ってきた・・・。

職人は、しばしば自信作ほどわが子と同じで手放したくないような愛着を口にする。


なるほど、なるほど、そうなんです。

日々の額装の仕事を通じて共感するところが、多くあります。鉄と木の違いはありますが、お客様に納める時には一抹の寂しさを感じる時が・・・良く解かります。

(苦労して造った時ほど・・・ありますね)

氏は、旋盤工として50年間働き、その労働体験のなかから小説を発表。直木賞候補に2度。芥川賞候補にも2度選ばれています。「少し古い本」と冒頭で書きましたが、なんの今も通用する「職人」の誇りと勇気をいただきました。

「技」や「誇り」のように、見えないものは文学者でも表現しにくいところです。読まれた方は、職人の感情や鬱憤をこの本によって理解していただけたことと思います。

さりとて「職人学」!  

  額装の㈱アート・コアマエダ(店主)