抜け殻に


いよいよ暑い季節がやってきました。

こんにちは。

17年前のこの季節、取引先の社長さん、画家、額縁屋という混成で、中国へ冒険旅行に出かけました。そこで腕白おやじ達は、チベット近くの高い山へ登ることにしたのです。まだ皆、若かったものですから、我先にと登りました。高山病らしき頭痛に悩まされながらも全員シッカリ「登頂」。天候が崩れそうだというので達成感を味わう余裕もなく急いで下山。「ひざ」のガクガクに耐えながら今度は、へっぴり腰で。

やがて麓近くの小さな古い寺の前に出ました。柱は色が剥がれて、木肌がむき出し、ひび割れもしていたように思います。でも、荒れ放題という印象ではないのです。日本のお寺の様に緑の大木は無く、岩に挟まれて防風されていました。色落ちした紫と白のハンカチくらいの小布が「のれん」の様にヒラヒラと。手前には、たしか賽銭箱らしき物が歪んだまま置いてあったように思います。懐かしいところに迷い込んだ不思議な感覚でした。

現地の「登山ガイド」さんに寺の由来を聞いたのですが、今はよく思い出せません。質素、純朴、の極み。古く遠い昔に来たことがあるような。心の「ざわつき」は、暫く収まりませんでした。

インドにはバラモン教があり、お釈迦さんも元はバラモン教の信者だったそうです。悟りを開いた後、お釈迦さんの仏教は、シルクロードを経て中国に渡りました。そこでサンスクリット語が、漢語に変換されて経典となり、儒教や朱子学が混入し、やがて日本へ伝わったと聞きます。その後、1960年代の文化大革命で極端な弾圧と破壊が行われ、中国仏教は抜け殻の様になりました。

日本には、仏教が多くの種類に分派して到来。時の権力者達に翻弄された形跡もあります。今では、修行者も妻帯は許され、お酒も飲めますし、カラオケもやるそうです。駐車場やマンション経営にも精を出す程に「おおらか」になり、我々は、広大な敷地の豪勢なお寺へ集まり、謹んでご利益を頂戴するという幸せな時代になりました。

今、幸せを感じるからこそ「あの抜け殻のような古い小さなお寺にもう一度行ってみたい・・・」

   夏はもうそこまで  額装の㈱アート・コアマエダ(店主)  

弱者の考え

弊社駐車場片隅の雑草楽園放置花壇


こんにちは。よいお天気が続いていますね。お元気ですか。

さて、今回は弱肉強食のお話です。それは、自然界の掟。「強いものが生き残り、弱いものは滅びゆく」という「あれ」ですね。

我々の周りの弱そうな生き物だけを集中して観察してみると、意外に元気に活動している種が多いのに気がつきます。弱そうに見える彼ら、どうやってこの自然界を生き抜いているのでしょうか。

稲垣栄洋著「弱者の戦略」から学ばせていただきました。それによると、驚くべき戦略が次々と見えてきます。

徹底して群れる。

他者に化ける。

動かない。

目立つ。

時間をずらす。

等など。

中でも「雑草の生き方」には驚かされました。勝負しても負けることが多いので、他の植物の棲めないような困難な場所を選んでいるといいます。「雑草は逞しい」と言われることもありますが、どう考えても弱い存在。

場合によっては逆境をフルに活用している風があります。例えば、畑の中では、多くの雑草が土の中で休眠していてジッと発芽するタイミングを待っています。条件が整えば発芽する。しかし、一斉には発芽しない。除草で全滅してしまうからです。ちびちびとランダムに芽を出すことで、抜いても切り取っても、次々と生まれてくることになる、というのです。

タンポポやツユクサなどは、耕運機で切り刻んでも、そこからまた芽を出して、かえって繁殖を広げるという恐ろしい習性を持っています。

周りの小動物、ミミズやオケラ、ゾウリムシなども決して強そうに見えません。しかし、ちょっとした処で跳びぬけた「特徴」を持っていて、そういった部分を思い切り生かして生き延びてきたというのです。

私たちの多くは弱い立場で生きています。でも大丈夫。これらを逆手に取れば、いけます。いや、知らずにそれらを利用しながら生き延びてきたのでしょう。

強いものが、必ず勝つとは限らない、まぁ「結果的には勝った方が強い」という事なのでしょうが・・・。生き残った者が勝ち?

なんか・・・ちょっと、こんがらがってきました。

何かをつかみかけた額装屋、明日も晴れ 

  ㈱アート・コアマエダ(店主)

技術伝承とバイオリン

こんにちは。桜も見事な葉桜となりました。「諸行無常」の春景色かな。

お元気ですか。


このバイオリンは子供用です。13年前に額装しました。立体用に対応してアクリルボックスにしてあります。フレームの左右に音符を載せました。当時の「遊び心」に微笑んでいます。

若い頃から、物造りの職人さんに尊敬の念を持っていました。なかでもバイオリンの製造には、興味がありました。

バイオリンの先祖とよく似た楽器は、西洋にも東洋にもあったようです。しかし、楽器としての完成度は、バイオリンがずば抜けていました。それも改良を重ねて徐々に完成されたのではなく1550年頃、突如として最初から完全な形で誕生したそうです。奇跡的な出現と言われています。

約500年前、イタリア北部のクレモナで活躍したアンドレア・アマティとブレシアのガスパル・ダ・サロの造ったバイオリン。今に至るモダン系も、原型はこのあたりから始まったとされています。ニコロ・アマティの弟子のストラディバリウスの楽器は、世界に約600挺ほど現存しているそうです。世に言う名器「ストラド」ですね。そして、「グァルネリ」も同様の名器です。

しかし、1745年にはほとんどの楽器職人がクレモナから去り、クレモナでの弦楽器製作の伝統が途切れたこともあり、その製造方法は伝承されていません。

そんなことって、あるのかな~。

ハイレベルの職人が、何年もかけて挑戦しましたが、このオールドモデルを超えた楽器は、未だでていないそうです。現代のバイオリン職人の苦悩と挑戦は今も続き、当時の弦楽器製造技術を再現する試みが行われているそうです。

分野は違っても「技術の伝承」は、大事ですね。私たちも「後輩たちへ伝えること」に、努力を惜しんではならないと考えています。

さぁ、後輩諸君よ! 後に続け!      

   ㈱アート・コアマエダ(店主)