スペイン・マラガ在住の長縄先生個展

関東もいよいよ梅雨明けです。

こんにちは。お元気でお過ごしのことと思います。

スペインに居住しヨーロッパで活躍中の長縄眞兒先生が、今月名古屋で油彩展を開催。明るく鮮やかな色彩と大胆なタッチで描かれた美しいヨーロッパの風景や花など、生命力あふれる新作ばかり約20点が展観されます。

長縄眞兒 油彩展

スペインからの贈り物
第2回 長縄眞兒 油彩展
松坂屋名古屋店8階美術画廊
7月20日(水)~25日(月)
10時〜19時30分 最終日は16時閉場


1980年。その頃のスペインは、フランコが死んでからまだ5年ほどで古き良き時代がそのまま残っていた。大都会以外では、電話も車も持っている人は本当に少なかった。人々は素朴で親切で、パリから来た私にとっては心温まる別天地だった。私は、13歳で絵描きになると決め、脇目もふらず絵を描いてきた。日本を出るとき(男児志を立てて郷関出ず 学もしならずんば死すとも帰らず)そんな気持ちだった。ところが、ここアンダルシアの人々は、とにかく陽気で「一寸の光陰軽んずべからず」としかめっ面をしている私を放っておかなかった。「飲め、食え、遊びに行こう」と、もう何でもかんでも楽しくいこうじゃないか、と引っ張り込む。スペイン語は、わからなくてもとにかく楽しかった。

そんなことで、冬の間の旅のつもりがずるずると居続け、結婚までして、とうとうそのまま居ついてしまった。空、それは、とにかく青い。時にはコバルトブルーほどに濃く見えることさえある。強烈な夏の太陽には肌がチクチクする。マラガにおける生活姿勢の変化、眩しい光、これらが私の絵に強く影響していることは想像に難くない。

アンダルシアは、私を(空を得た鳥)のように解放してくれた。

マラガにて 2016.6 しんじ ながなわ

  

小生は15年ほど前にスペインで、長縄眞兒先生にお世話になったことがあります。まさに日本人のマスクをかぶった、陽気なスペイン人の様でありました。しかし現代日本人が、忘れかけている「侍」のハートを未だに持ち続けている画家です。

またお会いできるのが楽しみです。

誰かが言ったように「天はじっと見ている。機嫌よくしていると何事もうまくいくもの」なのかもしれません。 

  額装の㈱アート・コアマエダ(店主)    

京都は「怨霊の都」

こんにちは。
暑い日が続いています。
お元気ですか。

京都は「怨霊の都」と言われています。

調べれば調べるほどその根は深く、現代の政治の裏側にも影響を及ぼしていて、つくづく「恐ろしい」と思わざるを得ません。これまで学校で学んできた歴史の常識が、いかに歪められねつ造されてきたかを思い知る日々でした。

歴史学という面でみると日本の古代史学会の主流は、「藤原系」ともいわれる人々により握られており、ここでいくら主張しても認められないだろうと(私の勝手な解釈ですが)判断しております。さすれば、主張できるのは、小説の世界であろうと・・・

そう思って書き上げたのがこの作品です。


以上は、友人からの案内状の一部です。説明が後になってすみません。

与毛星和・著「冥官 小野篁」

案内状とともに一冊のハードカバー本が添えられておりました。平安時代の京都のある事件から物語が動いていきます。ページをめくったら、もう始まっています。

(序章)
真昼とは思えぬ深い闇だった。
黒く厚い雲が地上を覆い尽くし、陽光を遮って草や土の色さえ判別できない。
重苦しい「気」は、低く迫り、生き物を責め、追い立てているかのようだった。

歴史ミステリー小説。
与毛星和・著 「冥官 小野篁」
出版 ㈱文芸社 (1,600円+税)


「みょうかん、おののたかむら」「よもう せいわ」日ごろ使うことのない漢字の名前が出てきますが、そこだけは少し我慢が必要かと思います。

著者名は、ペンネームです。

京都大学を卒業後、外資系の企業やベンチャー企業などを経て帰郷後、御母上の介護の傍ら執筆を始めました。小生は彼のサラリーマン時代からお付き合いをさせていただいています。友人贔屓になりますが、宣伝をさせてください。

歴史に興味のない方にもお勧めしたい一冊。

この本では、地獄とこの世を時折移動します。内田康夫ミステリー文学賞。受賞作家だけあって、実に洗練された文章で、ぐいぐいと引き込まれていきました。文字が少し大きいので、読みやすいと思います。

読了後も、しばし、怨霊の平安時代の住民に・・・。

話は、変わります。

弊社倉庫のネズミのことですが、まだ居ます。糞が小さいので子供ではないかと思っています。ノロマな子供は、大人たちに置いていかれてしまったのでしょうか。

そうでないことを祈ります。

  今は、冷えた「ラムネ」が飲みたい!  額装の㈱アートコア・マエダ(店主)

魅力を断てば(2)

こんにちは。

暑くなったり、雨が降ったりで体調が狂いますね。しかし、梅雨時特有の「憂鬱感」を許してはなりません。できる限り明るく元気にいきましょう。

前回につづけて、掃除を徹底しています。

ネズミの餌になるようなもの。
それに準ずるもの。

何も置かないようにしています。

4日目の朝、早くも効果を確認できました。

糞の量が激減。
でもまだいます。

8日目の朝。まだ頑張って丁寧な掃除を続けてもらっています。ネズミの専門家ではありませんが、もはや彼らにとって住み心地の良い場所ではないはず。

そんな確信に近いものは、あります。

でもたぶん一匹か二匹は残っている模様。「これくらいなら共存共栄というところで妥協してもよいのかなあ~」と思うのですが、

「いえ、だめです!」
「徹底して退場させましょう!」

との強い意見が多数派。ネズミの家族にとって魅力のない場所へとするべく、掃除を徹底します。

12日目の朝。今日は雨、昨日は、気配がなかったのですが、また新しい糞が少量発見されました。あともう少しだと思ったのですが。

忍耐。

さて先日の朝日新聞、月尾嘉男さんの衝撃のコラムの2行が、印象に残ります。

  1. 戦後70年間で180以上の国が消滅。
  2. 21世紀は、魅力が国力となる時代。


実にこれです。ネズミですら魅力のない処からは去る。反対に魅力が増せば、国も企業も千客万来。これぞ繁栄のコツと。

涼しくなったらもう少し深く考えたいと思います。

水分補給はこまめにとりましょう!(暑い・・・) 
  
  額装の㈱アート・コアマエダ(店主)