見切り千両

こんにちは。

時速2キロの桜前線は、着実に北上中。都心ではソメイヨシノが見事に開花しました。「春」です。

お元気ですか。

この時期、企業や商売をやっておられるところは、年度末の集計に追われます。ほとんど企業において、決算が3月に集中するようですが、弊社も同様です。

そこには、毎年悩ましい作業が待っています。商品や材料の棚卸です。経理関係は、コンピュータでほぼ完結しますが、これ等は、データとの誤差を解消すべく手作業と目視で確認をします。

弊社でも一日生産を止めて、これに掛かります。毎年のことですが、担当していただいた皆さん、お疲れ様でした。

本当に「悩ましい」問題は、別にあります。

それは、仕掛品の処理です。「デッド」か「否」かの選別。

お客様の発注変更や寸法違い等の半製品が結構溜まっています。納品直前に何らかの事情でキャンセルになった物もあります。ほぼすべてオーダーメイドの為、行く末はデッドです。計理士の先生に毎年相談に乗っていただくのですが、大半は、謹んで処分します。不用意な取り置きは、工場スペースを長期間占拠することになりますから。

材料を吟味し丹精を込めて造った製品には、我が子と同様の愛情があり、捨てるには忍びない感情が湧いてきてしまいます。それを振り切って決算期には処分しなければならないのです。でも、「はいっ」やりました。

職人の心のケアーも必要です。

さて、それを実行したからは心機一転、改めて無駄を減らし、コスト削減に邁進いたさねばなりません。今年度もお客様に良い商品をリーズナブルな価格にてご提供できるように頑張る決意をしています。

「見切り千両、無欲万両」
「何でもかんでも持っていようとする態度が損するかもしれない」

 この時期、呪文にしている言葉です。   
    
      決算期の額装屋 ㈱アート・コアマエダ(店主)

駐車場でゴチャゴチャ

こんにちは。お元気ですか。

隅っこの花

写真のこの花、桜や梅のような豪華さはありませんが、かよわさの奥に品の良さを秘めているように思います。この季節に咲く水仙の一種でしょう。雑種かもしれません。毎春、弊社の駐車場の決まった一角に必ず咲きます。

肥料や遺伝子操作によって豪華な花を咲かせることはできますが、この花は違います。時には弊社の車の排気ガスの中で呼吸をして耐えています。肥料も土壌改良も無く、なんの手入れもされないまま生きています。自力で毎年もくもくと再生するこの「ど根性」は、実にお見事!
隅っこに咲く「可憐な花」ですが、愛おしいです。

頑張れ!

そして思うのです。

会社のスタッフも皆、家に帰れば活発で明るいお子さん達が待っています。すくすくと成長する彼らは、それだけで充分に「眩しい存在」ですが、この花に負けず、自力自尊の逞しい「おとな」に成長してほしいものです。

今朝の駐車場で、そんなことをゴチャゴチャと考えていました。

 じんわりと汗、まもなく4月   

  額装の㈱アート・コアマエダ(店主)

村居正之日本画展

こんにちは。春を感じる時間が、徐々に長くなりましたね。お元気ですか。

本日、日本画の素晴らしい個展を観てきました。

―画業50年の歩み─ 村居正之日本画展
銀座の和光本館(銀座4丁目)6階ホールにて 
3月3日(金) ~ 3月12日(日)
(最終日は17:00まで)


岩絵の具「群青」を駆使し豊かで深みのある青の階調で独自の世界を描き出した作品群、大作を含めた50点です。心が落ち着く、深い精神性を感じました。

ぜひ、お勧めいたします。

因みに一連の作品の額装は、大阪で高名な芦谷光雄氏によるものです。独創的でこれも素晴らしいです。マット幅が、左右上下とも不思議に変則になっている物がありました。

芦谷光雄氏は創作額縁の草分け的存在でもあり今も現役でご活躍中。小生の尊敬する師匠です。

加えてご鑑賞ください。

著作権のことを考え、ここでは写真で紹介できないのが残念です。

       額装の㈱アート・コアマエダ(店主)