ル・コルビジェ建築

ル・コルビジェ


朝夕は、ほどよい涼しさを感じるようになりました。

こんにちは。

夏休みの美術館は、全国的に大盛況だったようです。弊社スタッフも鑑賞の為に行列。「確かに目の保養になった」「楽しかったよ」「感動した」「疲れた」「もう行かない」少々投げやりなコメントもありましたが、懲りずに9月もまた美術館巡りの予定をしているそうです。

国立西洋美術館
さて、美術館の建築について。東京上野にある国立西洋美術館(本館)は、国の重要文化財に指定されています。ル・コルビジェが、設計したことでも有名です。彼は生涯にわたり新しい建築のスタイルを世に発表し続けました。石やレンガを積み上げて造るのが主流だった時代に、鉄筋コンクリートという素材を得て、革命的な建築物を次々と生み出してきました。戦後の日本のコンクリート建築家もこの流れを追いかけてきたように思います。

彼は絵画を勉強中に校長に才能を認められ、その勧めで建築の道へ方向を決めたそうです。「機能的なものは、純粋にそれだけで美しい」との基本主張。彼の設計した特徴のある建物は、今も世界各地に残っています。

後年、少し変化します。それまでとは対照的に自由で有機的、彫刻的なアイデアも織り混ぜていきます。

ロンシャンの礼拝堂


小型の建物ですが、このような楽しい建築も手掛けるようになります。機能的建築の教祖的コルビジェさんに、どうしてこの変化が?

諸説ありますが、前回ご紹介させていただいたスペインの建築家「ガウディ」さんの影響があったともいわれています。

同時代のライバル的な建築家。曲げたくない方向性やプライドもあったはず。でも「認めるべきは認めよう」「お主もやるよのぉ」「これ、ちょっといただき」の軽さと寛容性が想像できて楽しいです。

ル・コルビジェさんの「器量の大きさ」に微笑んでしまいます。

   額装屋の㈱アート・コアマエダ(店主)

ガウディ建築

アント二・ガウディ


こんにちは、

モダニズム建築の世界には、ル・コルビジェを含めて3大巨匠がいるとされています。その中にガウディの名前は入っていないのです。建築史上においては、3大巨匠に比べれた時、それほど重要ではないと位置づけられているのでしょうか。重要と見なされていない論理的な理由は、不明であります。

しかし、彼の設計によるサクラダ・ファミリアは世界遺産にも登録され、世界一観光客の多い建築とも言われています。建築業界の人もそうでない人も、世界中から見に訪れます。当初は完成までに300年かかると言われていましたが、昨今の進歩した技術により2026年の完成を目指しているそうです。

カサ・ミラ



これは、バルセロナにある集合住宅ですが、独特の曲線で構成されています。建築雑誌には、よく出てくるお馴染の建物です。ガウディの特徴は、優美な曲線と生命力あふれる装飾と思われます。作風はアール・ヌーヴォーに分類されますが、その枠には収まらないような気もします。

「彼が狂人なのか、天才なのかはわらない。それは時が明らかにするだろう」

ガウディが通っていた建築学校を卒業するときに、校長から言われた言葉だそうです。

スペイン人でバルセロナを中心に活躍。

美しい形は構造的に安定している。構造は自然から学ばなければならない。創造的であろうとして、意味の無いものを付け加えてはいけない。 自然の原理をよく観察し、それをよりよくしようと努力するだけでいい。

(ガウディの言葉)


額装を志す我々も共有すべき精神として、腑に落とし込みました。
           
   額装の㈱アート・コアマエダ(店主)



彼の「元気」に


台風一過、また暑い日が戻ってきましたね。

こんにちは。

弊社スタッフの大極(だいこく)さんのお見舞いに行ってきました。突発性の眼の病気「網膜剥離」で緊急手術。手術後、すでに4日後のことです。

大丈夫かなぁ。痛みで苦しんでいないかなぁ。手続きを経てドキドキしながら面会室に入ったのですが、予想に反して顔色もよく元気な様子。

「よかった」

医師には、退院まであと一週間程と言われているそうです。

「三度の食事はおいしく完食しています」とのことで、話は始まりました。眼は赤く腫れ、痛みもかなり残っているそうですが、冗談も連発。笑わせてくれました。

終始饒舌。

ブログへの掲載許可などは取っていませんが、こんな話でした。

「手術は麻酔を殆どかけなかった」
「いやぁ~痛かった」(笑い)
「眼球にガスを充填しているので、術後はうつ伏せになって寝なければいけなかった」   
「辛くて、ほとんど寝ることができなかった」    
「次の日も同じ姿勢でと言われ、また眠れないのかと心配だった」
「が、次の日からは熟睡できた」
「良かった」

実に他愛のない会話です。オヤジふたりが笑顔で喜びを共有し、大いに盛り上がったのでした。子供の頃のことや家族のことにも話題は拡がりました。

病気は多くの場合、患者を悲劇の主人公にしてしまいます。「ポジな人」は、これを喜劇にしてしまうことができるようです。彼は、想像以上の人間力を持っています。日頃、一緒に仕事をしていることを誇りに思います。安静を必要としている筈なのですが、病院の玄関まで送ってくれました。そして「気をつけてお帰り下さい」と。

どちらが患者なんだか。

見舞いに行って、彼の「元気」に励まされてしまった。
     
   額装屋の㈱アート・コアマエダ(店主)