あこがれの職人③

あれから色々ありました。

何度もお願いして、やっと憧れの長尾廣吉の外弟子に・・・(初対面から7ヵ月後)。
初めの頃は手の動き、手順などは一瞬も見逃すまいと必死に動きを追っていました。
その為目の玉が乾きそうになるほどに・・・。
額縁が完成しますと、いつものことですが布製の袋におしまいになります。
その動作がですね。
まるで作法のようで美しいのです。
そして何ともいえぬ、最愛の我が子を抱擁するような・・・。
そんな姿に見えたのです。

できれば・ビデオにでも残しておきたかったな~。
今の若い職人達にもみせてあげたかったですね。

晩年体調を崩されてからもお弟子さんの作った額縁は
必ずご自分の手と指先と眼で厳格に確認をしておられました。
匠の真髄ですね。

「額縁にはねえ。造る人の心が出るんだよ。
「良い額を造ろうと思えば心を込めて、・・・決して手間を惜しんではいけない」
「気を緩めてはいけない」

イブシ銀の温厚なお顔なのですが、姿には修行僧のような濃厚のオーラを感じました。

ある日、無知から生じた技術的な質問をしましたところ
丁寧に指導をいただきました。

そして

「私のやり方をテクニックとして覚えるのは良いが、これからはあなた自身の方法を見つけないといけないよ。あなたのオリジナルのね」
「そこで、初めてあなた自身の風格が、額縁ににじみ出てくるものなんだ」
「これが、味になるんだ」
「いいですか」
「良い額を造り続けながら人間も磨けよ」
「まだ無理か・・・でもこれからだな。がんばるんだよ(笑い)」
なんだか禅問答が、多かったものですから、すべてをご紹介できないのですが、
この頃に現在の仕事の基礎ができたと思いますね。
生涯感謝を忘れることができません。

これからの時代を額縁職人としてどう生きていくべきか?
悩むところですが、まずは亡き師匠に笑われないように
姿勢を正して真摯に研鑽を続けていきたいと考えています。
そして後継者の育成も忘れてはいけません。

  師匠に憧れた感謝の額縁屋 ㈱アート・コアマエダ

夢みる職人 ②

あれは確か昭和53年頃
どこであったか・・・正確には、忘れましたが、
どこかの画廊会場で、お会いしました。
50代後半の紳士。
名刺には、「長尾商店 代表 長尾廣吉」とありました。
「長尾です。三代目ですが、私は、次男ですから、分家です」
「磯谷(いそがや)の初代の孫になります」
静かに、話されるのが、好印象でした。
「子供の頃から、額縁の作業場で育ったようなものですから・・・(笑)」  

この日は、私の人生において、記念すべき日になりました。

「長尾商店」
江古田の哲学堂の近くにありました。
閑静な住宅街です。
住宅兼工房になっていました。

桜満開の季節、初めて訪問させていただきました。
緊張しましたね。
広い立派な和風の応接間に案内されたのです。
その日は試作も含めて10枚位の額縁が、間隔をあけて並んでいたように思います。
当時の私共の力量をはるかに超えた素晴らしい額縁ばかり。
感動と、自信喪失のこんがらがった複雑な心理状態に陥りました。
 
2度目の訪問の時、配達される直前の額装品を見せていただきました。
小品ばかり7~8点。
作品と額縁が、ピッタリと調和しているのです。
額縁が作品の良いところを「うまーく」引き出している。
素晴らしいものばかりでした。
品質の問題とは別次元の・・・。
なんといいますか、上等の品性、風格が漂っているのです。
技量を超えた何かがある。
理屈はわからないけど、きっと何かがある。
それは何だろう。

それが知りたくて、以後、何度も訪問させていただくことになります。

続きは次回にさせていただきましょう。

急激な寒さ、風邪にはご注意ください。

           額縁の㈱アート・コアマエダ
 


  


夢みる職人 ①

こんにちは。

個人的なことですが、私は「職人」この言葉の響きが大好きなんです。
ここから連想するのは物を作る時の真剣な目、ひたむきな姿です。

「職人芸」「職人肌」「職人魂」すべて、大好きな言葉です。

調べてみましたところ

職人とは自ら身に付けた熟練した技術によって手作業で物を作り出すことを職業とする人達のことである。産業革命以前は、職人が生活活動の中心となっていた。そして技術は、徒弟制度によって受け継がれてきた。


とあります。

最近ではスポーツの世界でも「職人」という表現が使われるようになったようです。もちろん職人にも段階があって、人間国宝に認定されるレベルから自称職人のランクまで様々なわけですけども・・・。

それでは、私共の額縁業界の「職人」は、どうなっているのでしょうか。
日本の額縁屋さんの歴史を調べて見ました。
以下は、古径の元専務岩松氏の文章、その他複数の文献を参考にさせていただきました。

明治の初め、下谷池之端のガラス鏡商が洋画を初めて陳列、販売をしたとの記録が残っています。屋号は「和田商店」。その後、海外より輸入された額縁がここで売られていたようです。どうもこれが、日本第一号の額縁屋さんのようですね。その後、商いを義弟に譲り、「八咫屋」として銀座に出店、後々までも大きく発展することになります。そしてあの有名な「古径」さんにも繋がっていくことになりました。和田商店開店のその少しあと後になりますが、額縁屋「磯谷」が、銀座竹川町に商いを始めます。本格的な額縁造りは、ここから始まったとされています。

そのご主人、長尾健吉氏はパリ万博から帰国後、山本芳翠らの奨めでこの仕事を始めた、と上記岩松氏の文章にも記されています。当時のニュービジネスとしての未来性に着目したのでしょう。


岸田劉生も頻繁に来店したといいます。
その他岡田三郎助、浅井忠などびっくりするような名前が連なっています。
当時の一流画家が、競うように額縁を注文したそうです。

そこからは、当然多くの素晴らしい額縁職人さんが育つことになります。
油絵の黎明期ですから、仕事はやりきれないほどある訳ですね。
腕の良い職人さんは時勢の要請もあり、必然的に力をつけて独立していきます。

 太田額縁さん
 古径さん
 長尾商店さん

その他各々の屋号を掲げて、特長を活かしそれぞれが大繁盛したそうです。
日本の油絵額縁の歴史は、この職人さん達によって作られたられたって事ですね。
もちろん、画家と職人の人間交流や、額縁造りに全てをかけた人生劇やら・・・と。
多くのドラマ、人生劇場が、次々に繰り広げられたことでしょう。
想像するだけでワクワクしてきます。

長くなりますので、今回は、ここまでとさせていただきます。
続編は、次回に・・・。

豊富な食材の季節、
過食過飲には、くれぐれもご注意くださいませ。

 額縁の ㈱アート・コアマエダ