親友の旅立ち

体感的に その日の暑さは異様でした。

親友が、また一人亡くなったのです。
取引先の社長でもありました。
最期はご家族に囲まれて・・・。

享年62。
あまりにも若すぎる。
無念であったことと想います。

日頃から洋酒とタバコが大好きな方でした。
身体に悪いのは分かっていましたが
発症するまで、遂にやめる事ができませんでした。

一本気でダンディな人でしたね。
特にカラオケとゴルフが得意でした。

再発前の安定期には
家族旅行も楽しんでいたそうです。
すべての癌が消えてしまったと
本気で思い込んでいた様子でした。

しかし、最期の戦いは壮絶でした。

謹んでご冥福をお祈り申し上げます。

私達も仲間や家族と談笑できる平凡な日常に
もっと感謝しなければいけませんね。
生きていることの喜びを感じながら・・・です。

今日も健康で仕事のできることに感謝。 

額縁屋の㈱アート・コアマエダ

学べば尊し (Ⅱ)

日本全国 燃えるような暑さです。
皆様、お元気でしょうか。
ここは「天国」
と言っても死んだわけではありません。
程々に冷房の効いた我社の事務所にいます。

最近は、仕事の移動に電車を使います。
学校は、もう夏休み。
車両内でも駅でも、子供たちはにぎやかです。
耳をつんざくような甲高い声。
これには時折、軽いめまいをおこします。

そんな中、凄い本を読みました。
数年前に取引先の社長から頂いた本です。

「何か良いアイデアはないか」と人は、アイデアを外に求めます。しかし私は外に求めるのではなく、自分が今やっている仕事の可能性をとことん追求して、改良を加えていき、想像もつかないような大きな革新を図ることができました。

このようなことを知らず、結果だけを見て「先見性がある」と人は評価してくれますが、決して一般に言う先見性が私にあったわけではありません。もし、このような状態を先見性があるとするならば、私達は既存のもののあらゆる可能性を追求することによって卓越する先見性を身につけることができると言えるでしょう。

不透明な時代を乗り切るには、先見性を身につけて行かねばなりません。その先見性は外に求めても得られません。自分の技術、自分の経験など自分の周辺にあらゆる可能性を追い求めていくのです。

時代がどう変われど、自分の足下を見つめ、自己の持てる可能性を限りなく追求していくことが、革新にいたる王道であろうと思っています。

稲盛和夫著
PHP研究所「心を高める、経営を伸ばす」


京セラ名誉会長、稲盛氏の言葉。
皆様は、いかが思われますか。
私は大納得しました。
考えれば明日の商品開発にも、やることが一杯あります。
足下の仕事に頑張ります。

まっ! とりあえず今晩のところは、ビアガーデンで皆とゆっくりと考えることにします。
これで、だいじょうです。

学べば尊しⅡ 
  仕事後の生ビール大好き集団 額縁屋㈱アート・コアマエダ

学べば尊し

連日の猛暑.

昨日は、久しぶりに雨が降りました。
まさに恵みの雨。
束の間ですが、平常心で仕事ができました。

そんな中、あるウェブサイトを発見しました。

サイト二番町

大阪の企業です。
額装例を惜し気もなく公開しています。
そのボリュームは、まさに圧巻。
企業案内によると、創業者中川氏は米国のカレッジでインテリアデザインを専攻とのこと。
ピクチャー、フレーミング、アカデミーで、フレーミングを基礎から学び帰国。 
額装工房「サイト二番町」を設立。現在大阪市で工房を構え活躍中。 
韓国、ソウル支店を開設。

「中川氏は、アートや額装に関して最先端の論客である・・」との風聞。

インテリア・アートの作品と額装のポイント。
これは、まず建築様式の変化に敏感でなければなりません。
住宅展示場など多くの実績を有するこの企業の優位性は、今後も変わらないことでしょう。

夏の終わる頃には、最新の額装傾向についてレクチャー受講の申し入れをしました。  楽しみにしています。

暑い中、雨が降るだけで、妙に心が、落ち着きます。
    学べば尊し  額縁の㈱アート・コアマエダ