すべては、これでよかった。


一週間前の約束は忘れても、何十年も前のことを鮮明に思い出すことがあります。
これは、間違いなく、加齢の特徴?

・・・複雑でもありますが、否定はできません。

小学校の低学年だった頃の話です。
本当に昔の話。
当時、神戸に住んでいました。
父の趣味もあって洋画を見る機会が多かったのですけど、
なかでも特に記憶に焼きついてしまった映画の話です。

題名は「革命児サパタ」白黒映画。

メキシコを舞台にしたアメリカ映画でした。
監督、エリア・カザン。 
主役、マーロン・ブランド。

強烈に印象に残っています。
途中はぼやけているのですが、一部分と最後だけは、しっかりと覚えています。
とにかく主人公が、格好よかったのですよ。


当時のメキシコ。
政府の不公平に苛立つ若者達。
その若者達の一人エミリアーノ・サパタ。
やがて若者達は、メキシコ革命へと突き進むことに・・・。
そして、色々大アクションがあるのですが、
時のディアス大統領を失脚させた後、サパタ自身が新しい大統領にまつりあげられてしまいます。
その後も色々ありまして、仲間の裏切りも暴き出し
次々に処刑を断行していくのです。

若さゆえの猪突猛進。

そのうちに精神のバランスを崩し、自分が壊れていくことになります。
やがて表舞台から身を隠し、妻と一緒に山に隠棲します。

・・・と、ここまでは良かったのですが、
ある日、仲間の裏切りでおびき出されてしまいます。
ここで、あのカッコイイ、マーロン・ブランドが、周りから一斉射撃を受けます。
ラストシーンは壮絶です。
芋虫のようになり、身体は蜂の巣になってしまいました。
背中は、穴だらけです。

その日の夕食時、家族の前で必死に映画の話をしました。
子供の頃から感情移入しやすいこの性格。
「最期のあの時、穴だらけの背中だったけど、ビクッて動いたよね!」
って言ったら、父は私の目を見て大きくうなずいてくれました。
私が、興奮していたので、テンションをあわせてくれたのでしょう。
大袈裟と思える同意をしてくれました。

・・・でも、何で今頃思い出すのだろう。

あのカッコイイ、サパタのような男になりたいと、真面目に思ったことがありましたけど・・・。
でも、現実は、全然ちがっている。
似ても似つかないけど・・・。
いいのです。
今は、修行中の額縁職人だ。

サパタと父を思い出した夏の夕食時のビール。「うまい!」

すべては、これでよかった、よかった。 額縁の㈱アート・コアマエダ

デカ額

「デカ額」
つまり特別に大きな額縁。
受注させていただきました。
縦が1メートル70センチ。
横が6メートル50センチ。
作品は、3枚に分かれています。
連結で一つの額装にします。
8月上旬に納品させていただいた別のデカ額のちょうど2倍です。

壁面への取り付けまでを担当させていただくことになりました。
色々とクリアするべき条件があります。
輸送コストを抑制する為に現場で組み立てること。
組み立てと壁面への設置には、時間制限も有ります。

さんざん思案した結果、
長いほうを半分にして「コの字型」で、持込むことにしました。
四隅のコーナーは、緩まぬように厳重に注意しなければなりません。
「コの字型」の接続は、カンヌキの原理を応用します。


現地で組み立てるためには、用意周到の準備が必要。
そうなるといつものように張り切る職人魂。
日頃の冗談は消えて、職人本来の真剣な目になります。

現在ジョイントの部分の強度の再確認をしているところです。
重量の計算も忘れていません。
カンヌキの原理ですから締めると強烈です。

その他の材料は、養生に入りました。
大きいので、木目と曲がりには、要注意です。


搬入は、9月上旬の予定。
楽しみです。
大きい額縁だからこそ繊細に組み立てる必要があります。

めらめらと燃える職人集団 額縁の㈱アート・コアマエダ



仕事中に発見物

お客様から送られてきた作品の外箱からでてきました。
小さなワニ。
と言っても体長わずか1センチ2ミリ。



押しつぶされて既に乾燥をしています。
いわばミイラです。

いたずら好きの門間さんが、
近くにあったミニ額を置いて言いました。



「カッコいい!あいどる・・・」

もしかして、イモリの赤ちゃん?
・・・・イモリとヤモリは、どう違う?

なんだか、難しくなってきました。

イモリは、「井守」と書きます。両生類で動きは遅く水陸両用。

ヤモリは、「守宮」と書きます。爬虫類ですから目が鋭く、
陸上に棲んで乾燥をしているそうです。
爬虫類ということは、先祖はトカゲやワニと同じ種の系統だったのでしょうか。

正直あまり好きにはなれそうにありません。

でもこれは、違います。。
可愛いです。
小さいですから。
乾いていますしね。

暑さもまもなく終わります。
太陽さん 夏の輝きどうもありがとう。
皆様、来週もまた宜しくお願い致します。

ますます好奇心旺盛な額縁屋 ㈱アート・コアマエダ