変貌する東京駅周辺

今週は寒い日が多いです。
朝夕は、まるでシベリア物語。
「コートとマスクと桜」 
どうにも似合いませんね。

ところで、上野そして六本木に続いて東京駅周辺が、
東京の新しいアートスポットになりそうです。
先日4月6日に、東京丸の内に三菱一号館美術館が正式にオープンしました。
近代西洋画から東洋の古美術まで多彩な個性を持つ4つの美術館
ブリジストン美術館出光美術館三井記念美術館
東京駅から半径1キロメーターに集まったことになります。
さらに、2012年までに次々と新施設の計画もあるそうです。

また最近では、それぞれの施設の連携も始まっています。
上野や、六本木に比べて「館」は小さくても
首都の玄関口であるという地の利は強みです。
すぐ近くには、個性的画廊ひしめく銀座がひかえていますしね。
新たなアート巡りの名所に育つにちがいないです。

現代アートに限って考えますと日本の存在感は、
韓国や中国に大きく差をつけられてしまった感がありました。
しかし、これからの東京は楽しみです。
美術施設の充実により日本発の素晴らしいアーチストもたくさん育ってくることでしょう。

東京駅周辺は、びっくり変貌しています。
地元、埼玉も少しずつですが変貌しています!

がんばれっー! 埼玉の額縁屋 ㈱アート・コアマエダ



春は爛漫、個展の季節。



個展の季節です。都心へ、車で移動します。
道路の両側には、薄いピンクの雲がフワフワと流れていきます。
桜は、満開。最高の季節ですね。

池口史子展

4月5日から14日まで、銀座5丁目日動画廊にて
女流画家・池口史子展が開かれています。
かなり広い会場ですが、各作品が個性を発揮しつつ、リズムよく展示されています。
どの作品にも力が、あります。

今回の個展で展示されているものは、風景画とともに池口さんのライフワークになっている花を書いた作品。近年手がけている女性像。さらに雑誌に掲載された挿画原画のデッサンとなっている。このデッサンは、2000年から、2003年にかけて週刊朝日に連載された池口さんの夫君、堺屋太一氏のエッセイに寄せられたものである。100点近いデッサンは、どれも繊細な神経に裏打ちされた上質な気品漂う作品ばかりでタブローとは、また、別種の魅力を伝える。

– 美術評論家 土方明司氏


弊社も額装のお手伝いをさせていただきました。
仕事に最善を尽くした喜びを今、感じています。
 
円熟した職人集団 額縁の㈱アート・コアマエダ


アクリルの反射 その(3)

額装も日々進化しています。
今回は、アクリルについて3回目の報告です。
温度によって伸縮するアクリルの運動量は意外に大きく
その対策に、いつも苦労しています。
以前にもお伝えしたとおりですね。

そしてもう一つ私たちを悩ませるのが
「アクリルの反射・映り込み」です。
照明や周りのものがアクリルに映り鑑賞の邪魔になったり
近づいて細部を観ようとすると、自分の顔が映って困ってしまいます。
アクリルを綺麗に磨いてもホコリを除去してもなかなか解決できません。

実は反射をゼロにすることはできませんが
極限にまで小さくしたアクリルは、あります。
「低反射アクリル」として、販売されています。
アクリルの両面に反射防止のフィルムを
張り合わせてあるものが主流です。
このフィルムは液晶テレビやプラズマテレビのために開発され
それが美術館やショーウィンドウ、さらには額縁のために応用された技術なのです。

しかし、まだ一般的に普及するには至っていません。
むしろ、額装店では、敬遠する傾向があります。
理由は非常に高価であること。
加えて取り扱いもかなり難しいのです。
弊社で扱っているものは、普通のアクリルの約10倍の価格です。
特定のお客さまからは、定期的にご指定を頂いています。
いつの日か低反射アクリルがスタンダードとして使うことができるよう
現在、価格を下げる方策を検討しているところです。

まもなく桜満開。
寒かった春から温かい季節へ
皆様のご健勝をお祈りいたします。

額装の進化は、これからもまだまだ続きます。
   埼玉の額縁屋 ㈱アート・コアマエダ