欧米語の侵略

日差しの強い毎日です。
皆様はお元気ですか?
お陰様で私は暑くても良好です。

先日、所用の為、新宿から渋谷へ山手線で移動しました。
久しぶりでした。

ほんの一瞬ですが、
左の車窓には、カラフルな景色が流れていきます。
白い壁と赤い屋根。
青い窓枠。
はて、
ここは日本のはず…?

渋谷駅を出て
西武系のデパート方面へ。
看板には、大小のアルファベットの文字。
正面には、外人女性のモデル写真。
英語文字と原色の看板。
日本語文字は、少ないなー。

いよいよ来たか、欧米語の渋谷侵略

暑さのためか歩いているうちに
偏狭な怒りに変わってきました。
理由の判らない「いらいら」。

看板の文字とは、関係ありませんが、
西洋では、過去千年も前から言葉を格別に大事にする文化があります。
そして、古代ギリシャ以来の伝統として、対話と討論を重要視します。
日本人から見れば異常なほどにですね。
家庭での母親の教育も、「議論に負けるな」って奴です。

「自己の主張、希望、否定あるいは肯定、はっきりと言語化しなさい」
「発言は、明晰であれ」

教育の方向が、きまっています。

過去の貿易摩擦や金融のトラブルが起きたとき
欧米の企業や政府は膨大な言語量を日本に向かって投げかけてきました。
我々は、上記の習慣が無かった為か、すくみきっていたように思います。
黙っていた為「認めた」とされた形跡もある。
あるいは、無知とされたかもしれない。

グローバル化が進む時代にこれからの日本を想えば
「沈黙は、必ずしも金ならず」
発言すべき時は、しっかりと言葉にする必要があると思うのです。

子供たちの国語力のほとんどは、家庭と学校で養われます。
「なぜ、水がほしいの?」と聞かれれば。
「のどが、渇いたから」と答える子どもが多いですが、場合によっては
「運動もしていないのに、どういう訳かのどが渇きます。気分は悪くありません」
と、自分の現状をきちんと言語化できるようにしておかなければなりません。

暑い日のブログです。あまり深く考えないでくださいね。

言葉で負けるな。 頑張れニッポン!

  欧米文字から渋谷を守る会 額縁の㈱アート・コアマエダ

お金に困らなくなる。

5月の連休前、楽しい本を読みました。

お金がよく入ってくる人達の共通点。
それは、お金が入ってこなくてもよいと思っている人達。
そんなことにこだわっていない人達。
って、表題に書いてありました。

じゃあ、お金が入ってこなくても良いのですか?
「はいっ、 かまいません」って、平気で言える人達のことです。

それと、財布の中に0の多いお札を入れておくと、財布が
そのように認識して仲間を呼んでくれるのです。

宇宙の研究をしている人で、面白がって始めた人がいますが
本当に入ってきたそうです。
どうしてもお金がないと困るとか
家業がやっていけないとか
不渡りをだすとか
そういう必死の思いで始めた人は
なかなかうまくいかないそうです。

ほしいだけのお金が「ぱっ」と入ってこない。
それは、なぜか。
執着している人には、超能力が使えないのです。
超能力を使うには、執着を捨てることが絶対に必要なのです。

「そうならなければイヤだ。」と思った瞬間にそうならなくなります。

「そうならなくっても良いけどなったら嬉しいよ。幸せだ。」
「なったらなったで、ありがたい。」

と、この程度にして喜びだけを上乗せするのです。
喜びの想念だけを宇宙に向かって投げかけると面白い現象が起きます。
繰り返しますが、執着があると潜在能力が使えませんので
自分の実力でしか戦えません。
そして、これを面白がることもものすごく重要になります。

このように喜びを投げかけると「神様」や「おかげさま」は、
喜ばれたくて喜ばれたくて仕方の無い方達なので
もっと喜びを与えたいと思うようです。

大和書房の出版本より引用させていただきました。

皆様はいかが思われますか?
私は5月の連休よりはじめました。
本当にお金が、入ってくるようになったらどう致しましょう。

五月晴れ 今日も仕事に張り切る額縁屋 ㈱アートコアマエダ

青空と深大寺



久しぶりに調布の深大寺へ行きました。
天気予報は、晴れ。
的中しました。
現地では、人の洪水です。
バスを降りて、人の波を漂いながら参道を通過。
妻の早足について行けない。
(おーい、待ってくれー)と声も出せず。
後姿を目標に必死で前進。
気がつけば結構な汗でした。

広大な敷地に緑も多い深大寺は、奈良時代の創建。
東京では、浅草寺に次ぐ古い歴史があるそうです。
厄除け。商売繁盛。縁結びの寺としても名高い。
そば守観音。ペット供養。合格祈願。
「何でもやりますっ。」の多目的寺院を彷彿。
時代の変化に柔軟に対応する寺院の苦労が垣間見えます。

門前での一番人気は、やはり蕎麦。
次の賑わいは、陶器の創作体験。
ぐい飲み。皿。茶碗。等
規格素材に絵付けをするのです。
これも、順番待ちの長い列。

「いか焼き」の匂いは、オッと 胃が躍動をはじめました。
土産物の小物商品は、見るだけでも楽しいですね。

店員さんは、ほとんどが、アルバイトと推察。
でも、繁盛しているお店には、共通点があるようです。

「元気の波動が、出ているお店」
声が出て、笑顔があるところ、
やはり人が、群がっています。
群がるお店には、また人が集まる好循環もあるようですね。

時の経過と寺院の進化を観察。
青空と汗の一日でした。

  お寺巡りの額縁屋 ㈱アート・コアマエダ