季節の異変



こんにちは。朝から黒い雲が低く垂れこめていました。予報どおりの瞬間的ゲリラ豪雨。

皆様は、大丈夫だったでしょうか。

小生は、傘を車に置いたまま役所へ入り、車へ向かう駐車場の中ほどで直撃されてしまいました。日頃の行いには誰よりも自信があると思っていたのですが、ゲリラ豪雨には敵いません。

車まであと少しの所、間に合いませんでした。普通の人ですと、小走りで10秒くらいの距離なのでしょうが、小生は脚が悪いので、1分近く掛かります。慌ててつまずいての二次災害は回避したいところ。必要以上に慎重になりました。役所の出口まで戻ろうかと振り向いたのですが、ちょうど中間点だったのでそのまま・・・。

普通は本降りの前にパラパラの助走があるものですが、今回はいきなりメインの雨。

車内に、たまたま大きいタオルが一枚あったので助かりました。空を睨みながら、服にしみた雨をたたくようにして拭いました。

その後、遅れた昼食をとる為に所沢近くのうどんの専門店に入りました。「山田〇〇〇」というお店ですが、入り口に張り紙があります。

「天井のツバメの巣に注意してください」

(おっと)

ゆっくりとドアをオープン。確かに天井に巣があります。3~4羽の赤ちゃんらしき鳴き声。下を見れば糞の塊が点々と。それを確認した頃から、ようやく心が穏やかに落ち着きました。

ツバメは、水田の稲の害虫を食べてくれる益鳥。子供の頃には、もっと多くのツバメが飛び回っていました。特急列車に「ツバメ号」などと命名されていた頃もありました。そして鳥獣保護法ができる前から、この鳥だけは、大事にされていたように思います。軒先に巣ができるということはその家の繁栄の証であり、縁起が良いといわれて、酒屋さんとか、お米屋さんでは、特に歓迎されていました。

この説の流れからすると、このうどん屋さんも繁栄が約束されたことになります。店員さんとその話をしました。

・・・期待しているそうです。

正直な店員さん。

「弊社工場もあやかりたい!」しかし、今のところ飛来の兆候はなさそうです。来てほしいような、無理しなくても良いような・・・。

今年は梅雨前線が活発です。気をつけましょう。

   額装の㈱アート・コアマエダ(店主)

5月の昼休み

こんにちは。

久しぶりに雨が降りました。その後の空気はおいしく感じます。素晴らしい5月。

弊社別棟の2階は、スタッフの食堂になっています。男性陣は昼食後、近くに散歩に出かけたりキャッチボールをしたりしています。日陰で本を読んだり音楽を聴いている人もいます。バラバラですが、おしなべて静かに休息。

それに比べて、女性の皆さんは元気です。昼休みの終了までの自由を楽しい会話に興じている方がいます。時折とんでもなく大きい笑い声が響いています。大波小波のリズムまでついています。会話の内容はわかりませんが、嬌声にも似た笑いに迫力を感じる時があります。

今の小生には羨ましい。

自分は歳を重ねてしまいましたので、それなりに体力も落ちています。周りには「まだまだ!」と強気ぶっていますが、動作は省エネモード。ガハハ笑いは、疲れてしまいますので暫くやっていません。

日々遭遇する小さい笑いの種を宝石でも、拾うかの様に大事にしています。面白いことを探すより、何でも面白く思うように方向転換しました。ショボくてもかまいません。「クスリッ」っと笑えることが、一日に5回もあれば「ラッキー・デイ」。3回でも合格。今月はこの「ラッキー・デイ」が続いています。

日本晴れの昼休み、5月。ちと暑い。

お元気でお過ごしください。

             額装の㈱アート・コアマエダ(店主)




家族の連続

こんにちは。

ゴールデンウイークを前に、急ぎの仕事に取り掛かっています。「何としても間に合わせなければ」と、スタッフ一同頑張っているところです。

お元気でしょうか。

先週、古いアルバムを整理していましたら、子供達が小学生の頃の写真がパラパラと出てきました。その横に手をつないで立っている人物がいます。

「あれっ」

なんと若き日の小生の姿。日焼けをしていますが、今より肌にも張りがあり、眼も輝いているように見えます。

それがですね、小生の今の息子達にそっくなのです。本来、息子たちが小生に似ているということになるのでしょうが、近似年令なので余計にそう感じます。

小生には息子が二人います。この頃はどちらにも似ています。生物学的には当たり前のことなのかもしれませんが、今更ながら時を経た写真を見て再確認した次第です。

先週の日経新聞に、こんなコラムが出ていました。

都内のある会社経営者が画家に肖像を描いてもらった。絵が完成するまでの間に不思議なことが起きたという。画布にまず祖父にそっくりな顔が浮かんだ。そのうちにセピア色に残るご先祖様の顔が浮かんできた。もちろん画家は先祖の顔など知る由もない。モデルを凝視する間に今の風貌を形造っている地層のようなものを掘り当てたのであろう。出来上がった肖像画は、人間の背後にある時の重なりを感じさせる深みのある作品となった。見るたびに先人たちとの絆を感じさせてくれる。

・・・と。

さてと、連休は所沢へ両親の眠る「墓参り」に行って来ようと思っています。旅行など、遠出をされる方は、交通事故などに巻き込まれないように気を付けて行ってきてくださいネ。     

    額装の㈱アート・コアマエダ(店主)