テングザルの鼻

テングザル
あっ、あの長い鼻の天狗ザルだ。

特徴のある「だらりと伸びた鼻」
一度見ると忘れない。
夢に出てきたらどうしよう。

しかし、ご安心ください。
彼らは、絶対に攻撃してこない。
敵と戦わないのが、テングザルのポリシーだそうです。
敵が来ると、100パーセント逃げる。
とにかく一目散。
それが生存の術である、と。

そういえば子供の頃、父親に何かの節目ごとに
「男は、強くなければいけない。」
刷り込まれたような気がします。

そもそも強くもない普通の自分にとって、
負ければ、男を廃業しなければいけないような・・・でしたね。

戦え!そして、必ず勝て!
これって結構しんどいことなんです。

若い頃、仕事上で嫌な競争に巻き込まれました。
資本の論理に見事に負けて、
無残にも、ボロボロになったことがありました。

その頃から、

 競争をせずうまく生きる方法
 笑顔で敵を作らない生き方
 気負わない人生

を無意識の中で探していたように思います。

人間は、社会の理に従い絶対逃げてはいけない時もあります。
その為、無益なことやプライドに神経をすり減らすこともあります。

「温顔無敵」

競争や戦いのない世界。
できるものなら、そんな穏やかな人生でありたいものです。

   テングザルから人生を学ぶ  額縁屋 ㈱アート・コアマエダ

額縁の名店

先日、各地の隠れた名店を訪ねるという趣向の、居酒屋めぐりの番組を見ました。
広いエリアでは無名でも、地元では超有名ってこともあります。
大繁盛していますから、宣伝をする必要もない。
こんな居酒屋も結構あるものです。

羨ましいかぎりです。

額縁屋さんにも隠れた名店、繁盛店があります。
その一つ、横浜の緑区十日市場町。
正直な人柄で、額縁には素晴らしいセンスのご主人。
店の名は、「額装豊口」。
額縁専門店。

長年銀座伊東屋で修行されたと聞いています。

社長さんは、豊口正十美氏。
配達で留守の時は、奥様が店を守っておられるようです。
額装の相談がある時は、事前に連絡しておかれた方がよいでしょう。

電話 045-989-1503 (火曜日定休)
地図はこちら

プロからアマチュアまで、額装に関しては教祖的存在。
経験豊富で素晴らしいコーディネートを提案してくれます。
連休中には、久しぶりに私も勉強に行こうかと考えています。

小さくても輝く存在に憧れる額縁屋  ㈱アート・コアマエダ
 

 
 

大型の額装

我が家の食卓にも秋刀魚が並びました。
今年は、大量で大ぶりだそうです。
これぞ日本の秋の味。
美味しくいただきましたのです。

大ぶりと言えば今週も、2枚の大きい額装が有りました。
梱包は、力を合わせて、一気に行います。
明日の配送ですから、これからトラックに載せられるところです。

トラックに搬入
長さは、4メートル。
コーナーの留めが心配です。
大型アクリルの「ひずみ」は、どうなるのでしょうか?
重量があるので、壁面の吊り方は?

金属で補強
コーナーは、外だけでなく内側にも金属を埋め込み補強をします。
アクリルの上部分には、等間隔で、あながあけられています。
そこには、ボルトが入っていますので、内側では、カーテンのように吊られています。
少々の「ひずみ」もこれで安心。
全体の重量は、相当にありますので、裏は、ドッコ式で対応しました。

検査は、複眼で徹底的に確認をします。

チェック再度チェック
大型額装
珍しく、今週は、大型の額装が重なりました。
スタッフの皆様お疲れ様でした。

  大きい額装を得意とする団結のスタッフ  額縁の㈱アート・コアマエダ