彼の「元気」に


台風一過、また暑い日が戻ってきましたね。

こんにちは。

弊社スタッフの大極(だいこく)さんのお見舞いに行ってきました。突発性の眼の病気「網膜剥離」で緊急手術。手術後、すでに4日後のことです。

大丈夫かなぁ。痛みで苦しんでいないかなぁ。手続きを経てドキドキしながら面会室に入ったのですが、予想に反して顔色もよく元気な様子。

「よかった」

医師には、退院まであと一週間程と言われているそうです。

「三度の食事はおいしく完食しています」とのことで、話は始まりました。眼は赤く腫れ、痛みもかなり残っているそうですが、冗談も連発。笑わせてくれました。

終始饒舌。

許可などは取っていませんがで、こんな話でした。

「手術は麻酔を殆どかけなかった」
「いやぁ~痛かった」(笑い)
「眼球にガスを充填しているので、術後はうつ伏せになって寝なければいけなかった」   
「辛くて、ほとんど寝ることができなかった」    
「次の日も同じ姿勢でと言われ、また眠れないのかと心配だった」
「が、次の日からは熟睡できた」
「良かった」

実に他愛のない会話です。オヤジふたりが笑顔で喜びを共有し、大いに盛り上がったのでした。子供の頃のことや家族のことにも話題は拡がりました。

病気は多くの場合、患者を悲劇の主人公にしてしまいます。「ポジな人」は、これを喜劇にしてしまうことができるようです。彼は、想像以上の人間力を持っています。日頃、一緒に仕事をしていることを誇りに思います。安静を必要としている筈なのですが、病院の玄関まで送ってくれました。そして「気をつけてお帰り下さい」と。

どちらが患者なんだか。

見舞いに行って、彼の「元気」に励まされてしまった。
     
   額装屋の㈱アート・コアマエダ(店主)       

心で見るんだよ

台風の後、また暑い日が続きそうです。自然の圧倒的な力の前では、人間の無力さを感じますね。

こんにちは。

秘密を教えるよ、とてもシンプルなことなんだ。こころで見るんだよ。大切なことは目に見えないんだ。


アントワーヌ・サン=テグジュぺリの小説「星の王子さま」の中の一節。さらりと出てきますが、ひっかかります。

物語は、サハラ砂漠に不時着した飛行機の操縦士が、一人の男の子に出会うことで始まります。星の王子様です。王子は操縦士に自分が生まれた星の事や、色々な星を旅した時の話をします。そこで2人は8日間を一緒に過ごし、絆を深めるのです。

ご存知の方、思い出された方も多いかもしれません。

小生ごときには、心で見る能力などありません。でも、見えないものをも見る努力、これは大事だと思っています。

先日、大量の額縁の修復の依頼を受けました。先の二つの大震災の折、落下してガラスが飛散し大きな被害を受けたとのことです。この経験から、ほとんどのガラスはアクリルに取り替えました。落下後のことを考えると、アクリルは安心です。そして軽量であること、紫外線による作品への影響が大幅に軽減されるというメリットもあります。

額の修復
裏の仕様にも手を加えました。揺れても簡単に外れないように、セーフティ・フックを取り付けます。また、これは盗難防止にもなりホテルなどでも多用されています。裏の金具、写真で確認できますでしょうか。

セーフティ・フック
工夫は、それぞれ日進月歩。隠れたところにもあれこれあります。

見えないところは、注意して「こころ」で見てください・・・なんてね。

元気で乗り越えましょう暑い夏!  

  額装の㈱アート・コアマエダ(店主)    



上塗り物語

こんにちは。

連日の猛暑ですが、お元気ですか。睡眠と水分補給は、大丈夫でしょうか。

今朝、想ったこと。

世には「恥の上塗り」とか「嘘の上塗り」と言う言葉があります。やっちゃいけない事と分かっているのにも関わらず、政治家も高級官僚もこれをやります。頭脳に自信の有る人達は、嘘を隠すために見事な嘘を重ねることになるのでしょうか。頭が良いだけに簡単にうまくやります。最初は上手くやってるようでも、答弁で辻褄が合わなくなった時は・・・もう手遅れです。厳しい詰問を受けた後、辞任辞職に追い込まれます。今までの人生を掛けたキャリアの積み重ねも、そこで終わることになります。歴史に学ぶ機会はあったと思うのですが・・・。これは優秀な人達に天が仕掛けている「罠」かと思って観ています。

さて、取組中のアートワークの仕事の話です。ホテルや病院に設置される作品を額装しています。

額縁木地組み立て
まず、木地を正確な寸法で組み立てます。表面はサンドペーパーで丁寧に磨きます。すべて指定色で統一。次に塗料を選別し下塗りを開始。乾燥具合の確認後もう一度塗ります。

下塗り・乾燥
仕上がりの色によっては、2度、3度と上塗りをします。「嘘の上塗り」ならぬ「塗装の上塗り」は、値打ちが上がるというものです。「罠」などは、ありません。塗り重ねることで傷がつきにくくなり、色に深みも出ます。

額縁の製品管理
出来栄えは、気候の影響を受けることが稀にあります。特に雨季などは要注意です。この為、塗装室の温度と湿度は、常に一定に管理されています。

   上塗り名人 額装の㈱アート・コアマエダ(店主)