技術伝承とバイオリン

こんにちは。桜も見事な葉桜となりました。「諸行無常」の春景色かな。

お元気ですか。


このバイオリンは子供用です。13年前に額装しました。立体用に対応してアクリルボックスにしてあります。フレームの左右に音符を載せました。当時の「遊び心」に微笑んでいます。

若い頃から、物造りの職人さんに尊敬の念を持っていました。なかでもバイオリンの製造には、興味がありました。

バイオリンの先祖とよく似た楽器は、西洋にも東洋にもあったようです。しかし、楽器としての完成度は、バイオリンがずば抜けていました。それも改良を重ねて徐々に完成されたのではなく1550年頃、突如として最初から完全な形で誕生したそうです。奇跡的な出現と言われています。

約500年前、イタリア北部のクレモナで活躍したアンドレア・アマティとブレシアのガスパル・ダ・サロの造ったバイオリン。今に至るモダン系も、原型はこのあたりから始まったとされています。ニコロ・アマティの弟子のストラディバリウスの楽器は、世界に約600挺ほど現存しているそうです。世に言う名器「ストラド」ですね。そして、「グァルネリ」も同様の名器です。

しかし、1745年にはほとんどの楽器職人がクレモナから去り、クレモナでの弦楽器製作の伝統が途切れたこともあり、その製造方法は伝承されていません。

そんなことって、あるのかな~。

ハイレベルの職人が、何年もかけて挑戦しましたが、このオールドモデルを超えた楽器は、未だでていないそうです。現代のバイオリン職人の苦悩と挑戦は今も続き、当時の弦楽器製造技術を再現する試みが行われているそうです。

分野は違っても「技術の伝承」は、大事ですね。私たちも「後輩たちへ伝えること」に、努力を惜しんではならないと考えています。

さぁ、後輩諸君よ! 後に続け!      

   ㈱アート・コアマエダ(店主)  

産休のこと

戎谷さん激励の会
こんにちは。お元気ですか。さくら咲く3月30日、弊社工場で行われた激励の会。

いつも明るくて、おちゃめ。仕事も元気いっぱい頑張っていただいている女性スタッフさんです。すでに優しい母の顔。「元気なお子さんを産んでくださいね!」

皆で書いた「寄せ書き」と「花束」と「拍手」。職場の皆さんの笑顔に囲まれて贈られました。

戎谷(えびすだに)さんです。これから「産休」にはいります。いま「サンキュウ」とお腹のあたりから聞こえたような気がした。オ~、マイゴッド!なかなかユーモアのある赤ちゃん。

将来が、いよいよ楽しみです。

心から母子の健康を祈っていますよ~  

  額装の㈱アート・コアマエダ(店主)


昭和会展 日動画廊

こんにちは。暖かくなりました。

お元気でしょうか。

さて、今年も第53回、伝統の昭和会展が始まりました。

昭和会展 日動画廊(本店)東京都中央区銀座5丁目3−16


1965年(昭和40年)にスタートして、53年になるそうです。歴代の入選作家、受賞作家の多くは、すでに洋画壇の美術界をけん引する立場で活躍しておられます。

「若手」の美術家の育成と激励を主旨に発展してきたこの会。世界に羽ばたく若い世代の皆さんが、これからも陸続と後に続くことになるでしょう。長谷川徳七社長さんのこの功績は、大きいです。

今年の昭和会賞は、佐藤みちるさんによる「ねむの木と船」(50S)でした。会場の左奥の正面あたりに展示されています。

会場には、その他の受賞作品や優秀な作品が一堂に並んでいます。

どれも個性的で迫力があり、是非とも多くの人に足をお運びいただきたいものです。 
  
  額装の㈱アート・コアマエダ(店主)