今日もベストマッチング

ベストマッチング
こんにちは。お元気でしょうか。花粉の乱れ落ち、お見舞い申し上げます。さて、3月はアートワークなどのお見積もりや、ご提案の機会が増えます。おかげさまで、手前どもも忙しくさせていただいております。

まず最初に、ご予算の話から始まる事もあります。その度にコストを下げる工夫を、真剣に検討させていただいています。後日、その件についても記事にしようと思います。

本日は、作品と額装のマッチングについて。

絵を活かす額装法は、概ね一定の法則に従います。長年の経験から、直観のひらめくままにご提案させていただく場合もございます。

アート・コア マエダの木工作業場
アート・コア マエダの木工作業場2
ここは弊社の木工の作業場。まずは、念入りに打ち合わせの後、パーツごとに同時スタートで作業が始まります。最後にパーツは集められてセットされ、額縁の形になります。この後、塗装とか布巻きなどのセクションに送られます。次の工程の作業者に不便の起きないようにとの配慮が欠かせません。

作品と額装のマッチングを考える際にも、似たような配慮が必要です。「その一歩先」を考えねばならないのです。

いかなる空間に掛けられるか。
どのような場所、建物であろうか。
どんな人たちが鑑賞するのか。

少なくとも、その程度まではイメージを巡らさねばなりません。

飾られる空間の情報が乏しい場合には、やむなく個性を薄めたご提案をさせていただく場合もございます。部分の情報だけに固執すると、全体を見失う。過剰な技術論に固まらないで、飾られる場所など、全体をイメージしながら鑑賞者に楽しんでいただけるようにと、今日も精進しています。

木を見て森を見失う事にならぬように、目指すは、ベストマッチング。

   額装の㈱アート・コアマエダ(店主)

「一気呵成」の

一気呵成の箔貼り作業
冬季オリンピックでのメダルラッシュ、おめでとうございます。競技の活躍、裏話、多くの感動を見せていただきました。選手たちの帰国時の笑顔もよかったです。メンタルの部分も鍛えられていて、特に各選手のコメントが素晴らしかったですね。今どきのアスリート(若者)は、なかなか凄いと思いました。

さて、ここからは額装の話です。今回は箔を貼る作業のご紹介です。

まず、下地塗装の表面に粘着ニスを塗ります。厚いところや薄いところが無いように均等に何度も伸ばします。念入りに。

その後、箔貼り作業が始まりますが、ここからは途中で手を休めることができません。箔下の粘着力は、時間経過で徐々に低下します。粘着のピーク時間は限られているのです。いざ貼り始めたら、終えるまではまさに「一気呵成」です。

箔貼り作業の際、大きい呼吸も厳禁です。うすい箔ですから微妙に影響します。

箔貼りイメージ
そして、この不思議な仕草が気になります。貼る作業の前に銀箔を左手に持ってジッと間合いを図っているかのようです。

「何かのまじない?」

実は、作業手順の「イメージ」をしているのです。これも大切なルーティン。

あとは、いつものように一気呵成。

加藤君、お見事!  

  額装の㈱アート・コアマエダ(店主)



岩松是親油彩展

赤茄子
こんにちは。まずは、展覧会のご案内です。

岩松是親油彩展

岩松先生は、額縁の世界では高名な株式会社「古径」の経営者でもありました。額装業界の社会的地位向上に尽力された立志伝的人物。若い時から三岸節子画伯に師事、現在は画家として専念しておられます。ギャラリーには、生命力と自然愛に満ち溢れた素晴らしい作品が一堂に並んでいます。
必見です。

平成30年2月22日(木)~3月2日(金)
11時00分 – 19時00分
赤坂游ギャラリー
〒100-0014 東京都
東京都千代田区永田町2-14-3 東急プラザ2F
03-3595-7111


ここからは植物談義、夏目漱石の小説にも出てくる「赤茄子」の話です。茄子の種類にそんなのがあったかな?と不思議に思いますが、実は「トマト」のこと。外来種で、まだ名前が定まっていなかった明治の頃のことです。

小生は、思い違いをしていました。トマトは、てっきり夏の野菜と思い込んでいたのです。本当は2月から3月にかけて取れるのが一番美味なのだそうです。それもハウス栽培されたものが最高だとか。理由は、原産地の気候に似ているからだそうです。

原産地は南アメリカのアンデス山脈高原地帯。ヨーロッパにもたらされた当初、トマトの酸味によって食器の鉛が漏出してしまい中毒にかかる人が出たため、毒であると信じる人も多く、観賞用としてのみ栽培されていたそうです。

その後、最初に食べた人は勇気のあるパイオニア。どんな人だったのでしょう。

個人的な感想ですが「赤茄子」の語感が気に入っています。

関西では、叱咤激励する時に「ボケ茄子」「茄子カボチャ」という言葉を使うことがあります。不器用だった小生の修業時代を思い出してしまいました。

  額装の㈱アートコアマエダ(店主)